車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

新型ルーテシア ルノー・スポールはカップもあり!

f:id:carislife:20131015232421j:plain

【新型はこちら】

20馬力UP!ルノー ルーテシア RS トロフィー 新設定 価格329万5000円

 

先月ノーマルバージョンを発売したばかりのルーテシアだけど、早速スポーツバージョンのルノー・スポールが登場!

 

日本導入が決まったカップにも注目!

 

ルーテシアRS スペック表

  シャシー スポール シャシー カップ
駆動方式 2WD(FF)
重量 1280kg
エンジン 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ
最高出力 147kW(200PS)/6000rpm
最大トルク 240Nm(24.5kgm)/1750rpm
トランスミッション 6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)
サスペンション(前/後) マクファーソン/トレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ(前/後) 205/45 R17 205/40 R18
ホイール(前/後) 7.5J×17 7.5J×18
価格 299万円 309万円

【関連記事はこちら】

ルノー新型ルーテシア ゼンに燃費UP0.9Lエンジン5MT!価格208万円 

 

カップが熱い!

ルノー・スポール全体の進化としては、最大トルク発生回転数が従来の5400rpmから一気に1750rpmまで下がった

 

ここまで発生回転数が下がれば、前型からの乗り換えユーザーはアクセルの入れ方に確実に苦労する(笑)

 

でも、走行システムを3モード切り替え可能だし、左足でブレーキを踏み、パドルの両側を引くと作動するローンチコントロールでロケットダッシュもできるので、慣れるのにはそこまで時間がかからなそう

 

f:id:carislife:20131015232435j:plain

 

インテリアはブラックの中にオレンジの差し色が入るセンスを感じる仕上がりになっているし、ドライバーのテンションも自然とあがるんじゃないかな

 

 

そしてなによりの注目は、今回日本導入が決まったシャシーカップ!

シャシースポールと比較して、

  • スプリングレート フロント27%、リア20%UP
  • ステアリングをギヤ比UP
  • インチアップ
  • 赤いブレーキキャリパー
  • 限定色「ジョン シリウス メタリック」選択可能(15万円高)

と充実しているのに、たった10万円高!

 

特別の理由がなければ、ルノー・スポールの本質を味わうためにシャシーカップを選択するのがいいんじゃないかな?

 

そのままサーキットに行ってもいいし、その軽快な走りを日常で味わうのもいいと思う