車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

セレナの燃費でトヨタを牽制 勝負はどこに?

f:id:carislife:20131225205951j:plain

【新型はこちら】

自動運転プロパイロットは291万円!日産 新型 セレナ モデルチェンジ8月23日発売

 

日産 セレナがビッグマイナーチェンジ!

 

これは面白くなってきた!

 

セレナ燃費16.0km/Lの意味

f:id:carislife:20131225210013j:plain

セレナ ライダー

【新型と旧型の画像比較はこちら】

 エルグランド、セレナ、ティアナの新型格好いい!

セレナ改良ポイント

  • エクステリア変更
  • S-HYBRIDの燃費を15.2km/Lから、ハイウェイスターS-HYBRIDと20X S-HYBRIDで16.0km/L、その他S-HYBRIDで15.4km/LにUP
  • エマージェンシーブレーキと車線逸脱警報を、最廉価グレード以外に標準装備
  • 移動物検知機能追加アラウンドビューモニター、踏み間違い衝突防止アシスト、ふらつき警報を、アドバンスドセーフティパッケージとして設定(8万5千円ほど高)
  • ボディカラー2色追加
セレナ価格
  • 218万4000円~301万8750円
セレナ ライダー価格
  • 286万1250円~329万1750円

 

雰囲気を大きく変えたものの、その性能は微々たるUP・・・ではないみたい(笑)

f:id:carislife:20131225205958j:plain

燃費向上は1km/L未満と確かに地味

 

だけど、今回セレナが出してきた16.0km/Lは、トヨタが発売を予定する新型ノア・ヴォクシーで予想されている燃費と同じ

 

ノアとヴォクシーの場合、新型の目玉はハイブリッドモデルの追加だけど、セレナだけではなく、ホンダ ステップワゴンも本格ハイブリッド以外(ダウンサイジングターボ)を採用して、燃費競争ではなく、車両価格を含めたトータルコストで対抗する可能性が高いと噂されている

f:id:carislife:20131225210004j:plain

となれば、今回イメージチェンジをしてユーザーに再度アピールする機会をつくり、安全装備を標準、パッケージ採用する等した、セレナの燃費UPの持つ意味は大きそう

 

世界的にも珍しいハイブリッドがとにかく売れる日本に、この動きは新しい流れを作り出すかもしれない

 

軽自動車では燃費で明らかに下回る、ホンダN BOXが首位を走り続けているし、ユーザーが燃費を目安と考えているような動きはある

 

同じようなことが、ミニバンにも起こることはあるのかな?

 

 

日産がビッグマイナーチェンジとする、セレナのちょっと地味目な改良

 

実は、これで充分対抗できるという、自信の表れなのかもね