車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

マツダ オートサロン2014はディーゼルでスポーツ!

f:id:carislife:20140102114144j:plain

AXELA SPORT MAZDA DESIGN CONCEPT 2014

 

東京オートサロン2015はこちら】

マツダ新型CX-3/ロードスターを東京オートサロン2015に出展!

 

マツダの「東京オートサロン2014」出展車6台を紹介!

 

どれもいい味出てるなぁ

 

小柄な車体でディーゼルパワーのアクセラ

f:id:carislife:20140102114152j:plain

AXELA SPORT MAZDA DESIGN CONCEPT 2014 スペック

 

目に入った瞬間、スポーツ好きの体を引き寄せそうなアクセラは、ディーゼル搭載

マツダご自慢のSKYACTIV-Dを気持ちよく回すのは、想像しただけでも楽しい!

足回り、ボディ強化も考えられているし、この仕様はありだよね

 

アテンザセダンはやんちゃでも大人

f:id:carislife:20140102114053j:plain

f:id:carislife:20140102114103j:plain

ATENZA SEDAN DESIGN CONCEPT 2014 スペック

 

先のアクセラに比べると、セダンということもあってか、このアテンザにはしっとりとした印象もある

マツダもそこは意識し、快適性を確保できるセミバケットを採用

アクセラが大胆なスタイリングだから、アテンザは差をつけづらかったと思うけど、開発のブレは抑えることができているんじゃないかな?

 

アテンザワゴンはスポーツで引き締め

f:id:carislife:20140102114112j:plain

f:id:carislife:20140102114119j:plain

ATENZA WAGON DESIGN CONCEPT 2014 スペック

  • ベース:アテンザ「XD」ワゴン
  • コンセプト:品格とスポーティさを兼ね備えたスポーツワゴン
  • エンジン:ディーゼル「SKYACTIV-D」
  • ミッション:6速マニュアル
  • マツダデザイン部門監修オリジナルエアロパーツ
  • 標準アルミホイール切削加工
  • インストゥルメントパネル、トランクボードメタル加飾

 

アテンザ自体アグレッシブなデザインだから、やり過ぎは重くなるけど、大きいワゴンに軽さを出すには?という、マツダの答えがこれだと思う

ホイールで端部に違いを出し、エアロでスポーツの安定感を増す

バランスを考えた力の入れ加減は絶妙だよね

 

もう1台のアクセラは1.5Lガソリンを最後まで!

f:id:carislife:20140102114127j:plain

f:id:carislife:20140102114135j:plain

AXELA SEDAN MAZDA DESIGN CONCEPT 2014

  • ベース:アクセラ 4ドアセダン
  • コンセプト:1.5L+6MTを使いきる楽しさを追求
  • エンジン:ガソリン1.5L「SKYACTIV-G 1.5」
  • ミッション:6速マニュアル
  • 純正エアロパーツ「MAZDASPEED エクステリア」
  • ラックススエード張りシート

 

ディーゼルのスポーツモデルがトルクを使った豪快な速さだとすれば、このガソリンモデルはエンジンの息を感じる玄人の走りかもしれない

スペックにとらわれない車を操る楽しさには高揚感があるし、ある意味最高のスポーツかも

 

スポーティSUVならCX-5?

f:id:carislife:20140102114202j:plain

f:id:carislife:20140102114330j:plain

CX-5 MAZDA DESIGN CONCEPT 2014

  • コンセプト:自由自在に街を駆け抜けるストリートスペシャ
  • エンジン:ディーゼル「SKYACTIV-D」
  • ミッション:6速AT
  • エクステリアカラー:マットブラック
  • オーバーフェンダー
  • センター出しデュアルマフラー
  • リアアンダーパネル
  • ブレンボ製ブレーキ・キャリパー

 

盛り上がりを見せているSUVで、大きな要素となっているのがスポーツ

車に軽快さを感じさせる重要な部分だし、当初から力を入れているCX-5は負けられない

この仕様、その気合をまとめられているよね

 

オートサロン2014のマツダを導くレーシングアテンザ

f:id:carislife:20140102114216j:plain

Grand Am GX MAZDA6 SKYACTIV-D Racing 概要

  • アメリカスポーツカーレース「グランダム」の最高峰カテゴリー、「ロレックススポーツカーシリーズ」「GX」クラス優勝
  • 実際使用されたレース車両
  • ディーゼルターボエンジン半数以上は、量産型「SKYACTIV-D」のものを使用

【関連記事はこちら】

 マツダのアテンザディーゼルレーサーが優勝 ディーゼル車初の快挙!

 

このマシンがあったから、ここまで大胆にマツダディーゼル車を出展できたんだと思う

日本ではまだ印象の薄いディーゼル=スポーツのイメージを裏付けるには、充分な存在なんじゃないかな

ここでユーザーの気持ちを盛り上げることができれば、ディーゼルに力をいれているマツダの今後も明るいし、魅せてもらいたいね