車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

日産GT-R NISMO走行動画は迫力の無さがポイント

f:id:carislife:20140102100030j:plain

日産GT-Rのトップモデル「NISMO」の、千葉県袖ヶ浦フォレストレースウェイでの走行映像が公開!

 

この静けさ・・・

 

効率のいい空力デバイスと煮詰めた足回り

 

【関連記事はこちら】

日産GT-R 2014モデルと市販車最速NISMO発表!

GT-Rニスモで豪快走行…は日産副社長!(笑)

GT-Rニュル最速仕様 NISMO N Attack Package!

 

映像を見ると、スポーツカーらしい音もなく、迫力がないな・・・と感じないかな?

 

でもその静かさこそが、GT-R NISMOなんだと思う

 

 

サーキットで迫力が出る音は、タイヤのスキール音、マシンのエキゾーストノート、そして走行中の風切音が大きい

 

しかし、この音は全て大きければ速いものではなく、タイヤのグリップが足りないことでスキール音が、排気効率を追求することでエキゾーストノートが、ダウンフォースを追求し空気抵抗を大きくすることで風切音が出る、性能追求の副産物ともいえるもの

 

GT-R NISMOのスペック(動画下関連記事参照)を見ると、もともと大きな車重を高速でコーナリングさせるため、毎年アップデートされてきた足回りは特注のビルシュタインでさらに良く

 

50psもパワーUPされているのに、聞いたとおりのエキゾーストノートの静かさ

 

時速300km/h時のダウンフォースが100kgあがっていても、空気抵抗係数(cd値)はトヨタ プリウスの0.25にも迫る、0.26を維持と妥協がない

(ちなみに先代プリウスは0.26)

 

 

このアピール映像は一般的ものと比べると、確かに拍子抜け

 

だけど、これこそが日産、NISMOがアピールしたかった、詰めに詰められた日産GT-R NISMOというトップモデルの形なんじゃないかな?