読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ジープ 新型チェロキーはグレード選択で全然違う!

ジープ

f:id:carislife:20140429160756j:plain

ジープが以前より話題の、ガラリと変わった新型チェロキーの日本導入を発表

 

どれを選ぶかで、イメージが変わってきそう

 

どれもワイルド けれどニーズによって、駆動が違う3グレード

▼新型ジープ チェロキー Trailhawk 試乗動画

 

f:id:carislife:20140429160715j:plain

▲チェロキー Longitude

f:id:carislife:20140429160753j:plain

▲チェロキー Trailhawk

f:id:carislife:20140429160749j:plain

▲チェロキー Limited

 

ジープ チェロキー グレード・価格・グレード別スペック

グレード・価格
  • Longitude:379万0800円
  • Trailhawk:429万8400円
  • Limited:461万1600円
Longitude スペック
  • エンジン:直列4気筒 2.4L
  • 最高出力:177ps/6400rpm
  • 最大トルク:23.4kgm/3900rpm
  • ミッション:9速AT
  • 駆動:FF
  • 車重:1730kg
  • 燃費:10.4km/L
Trailhawk スペック
  • エンジン:V型6気筒 3.2L
  • ミッション:9速AT
  • 最高出力:272ps/6500rpm
  • 最大トルク:32.1kgm/4300rpm
  • 駆動:4WD
  • 4WDシステム:リアロッキングディファレンシャル、斜面での速度を一定に保つ「セレクスピードコントロール」装備
  • 車重:1990kg
  • 燃費:8.8km/L
Limited スペック
  • エンジン・ミッション・駆動は、Trailhawkを参照
  • 4WDシステム:2速パワートランスファーによりトルクマネジメント。「4Lowモード」選択により、前後プロペラシャフトをロック
  • 車重:1880kg(サンルーフ付1900kg)
  • 燃費:8.9km/L
共通 スペック(一部スペックの括弧内はTrailhawk)
  • 全長×全幅×全高:4630 × 1860(1905) × 1700(1740)mm
  • ホイールベース:2700(2720)mm
  • 最低地上高:180(220)mm
  • 4WDモデルは、状況に応じて四駆と二駆を自動切替え、低燃費に
  • 4WD制御モードは、Limitedがオート、スノー、スポーツ、サンド/マッドの4モード。Trailhawkはロックをプラスした5モード
  • 衝突軽減ブレーキ「アダプティブクルーズコントロール」
  • LaneSense車線逸脱警報プラス
  • ParkSense縦列/並列パークアシスト
  • 8.4インチタッチスクリーンナビ、音声ガイダンス、Bluetooth対応ハンズフリー通話、SMS送受信装備

【関連記事はこちら】

燃費14%UP!ジープ チェロキー/ラングラー アンリミテッド 限定車

JEEP チェロキーに名前の由来そのままの戦士が登場!

 

前型から大きくエクステリアが変わって、世界中で賛否がわかれている新型チェロキー

 

だけど、前型とは比較は以前の記事を見てもらうことにして、今回はそれ以外

【前型との比較はこちら】

 新型ジープチェロキー走行公開!大事なものは?

 

 

とすると、次に気になってくるのは、3グレード展開なのに違いがありすぎるスペック

f:id:carislife:20140429160718j:plain

直列4気筒 2.4L タイガーシャーク マルチエア2 エンジン

f:id:carislife:20140429160721j:plain

V型6気筒 3.2L ペンタスターエンジン

f:id:carislife:20140429160733j:plain

▲ZF社製 9速AT

 

ミッションこそ全車共通の9速ATだけど、エンジンは2つ

 

これはFF、4WDのモデルでわけることができるけれど、どちらも高評価のエンジン

 

FFモデルに積まれる2.4Lマルチエア採用エンジンは、親会社FIATで好評の吸気量制御技術を使い、燃費とフィーリングを向上

 

▼FIAT マルチエア 解説動画

 

 

4WDに積まれる3.2L ペンタスターエンジンは、アメリカワーズ社「10ベストエンジン」を3年連続受賞する、3.6L ペンタスターのボア縮小バージョン

 

どちらも今チェロキーに採用するのに、ベストなエンジンだね

 

 

そして走行性能こそジープ、というブランドイメージどおりに、駆動方式もこだわりの3種類

 

FF、4WDという違いだけではなく、4WDもグレードによってシステムが違う

 

それに、4WDモデルのTrailhawkとLimitedでは、ボディサイズやホイールベース、最低地上高に、走行モード数まで違ってくるので注意が必要

 

この差は、新開発でブレーキ制御なども盛り込んだシステムを採用するLimitedが上級車的乗り味、リアデフロックなどオフローダーには定評があるシステムを採用するTrailhawkが走行性能重視とわけることができそう

 

どちらの4WDシステムも、4輪から2輪駆動への自動切り替えを採用し、燃費性能はあがっているので、ここはドライビングステージをしっかり考えて選びたいね

 

f:id:carislife:20140429160712j:plain

f:id:carislife:20140429160724j:plain

 

最後にインテリアを見ると、エクステリアと違い、落ち着きがある

 

思わず手応えを確かめたくなるようなステアリングは、ジープ伝統の雰囲気

 

ドライブしながらの感触にも、満足感がありそう

 

 

駆動方法、インテリア、そしてエクステリアまで、現在のジープの考えがバシバシ伝わってくる新型チェロキー

 

これを見たユーザーは、総合的にどんな判断をするかな

 

売れ行きが楽しみだね