読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

Googleの新型自動運転車は椅子だけでキュート!

f:id:carislife:20140528201309j:plain

【新型はこちら】

もっとカワイイ!Google自動運転車 完成版プロトタイプ公開!

 

Googleが、 一から新たに設計した自動運転車を公開

 

これがGoogleの思う未来のカタチ 

 

自動運転車に必要な物はたった2つ 

Google 新型自動走行車 走行動画

f:id:carislife:20140528201312j:plain

 

かわいい(笑)

 

これまではレクサスのRXやトヨタ プリウスなどをベースに、自動運転車に必要な装備を追加していたGoogleだけど、ついにこの段階まできたらしい

【これまでGoogle自動運転車(記事下部)】

 自動運転車の開発状況をボルボ、Googleが報告!

 

このクルマには、ステアリングもなければ、アクセルやブレーキもない

 

あるのは、「起動スイッチ」と「目的地を指定するタッチパネル」だけで、椅子があるスマフォともいえるもの

 

屋根にはあいかわらず、大きなカメラがついているけれど、イメージイラストをみると、最終的にはおもちゃのパトカーのような丸みのある突起になるらしい

 

現状での最高速度は40km/hほどと低いけれど、Googleはこの自動運転車を100台程度生産し、今後走行実験を行うとのこと

 

 

勝手に走れる機能がついたクルマな自動運転車も、こうやって実車になると、未来的すぎて違和感のかたまり

 

クルマと考えるよりも、現代だと電車のほうが近いかも

 

人間が介入できないこのGoogleの新型車が、今後世界の国々の法律で、問題がないとされるのかは気になるところ

 

だけど、「人間が緊急回避をできるようにすればいい」ということなら、すぐ仕様変更し、なくしたものを足すことで対応可能だと思う

 

 

そう考えると、未来の法律よりも影響が大きいのは、「Googleの自動運転車はこの状態で走ることができる」と見せたインパクトによって、ユーザーの気持ちがどう動くかじゃないかな

 

スマートフォンはそろそろ世界で一人一台に

 

スマートフォン開発の人員を、Googleが次に狙う「走る端末 自動車」にシフトし、スマフォユーザーを自動運転車に誘導する日も近いのかも

 

その時、自動運転車を選ぶ人はどれほどいるだろう