読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

メガーヌRS275 Trophy-R ニュルFF最速を4秒短縮!

ルノー

f:id:carislife:20140616205700j:plain

メガーヌで、ニュルブルクリンク北コース8分切りを宣言していたルノーが、本当にFF最速タイムを出した動画

 

この戦い、熾烈すぎる・・・

  

タイム7分54秒36… R34 GT-R Z-Tuneと変わらないFF

f:id:carislife:20140616211507j:plain 

f:id:carislife:20140616205702j:plain

f:id:carislife:20140616205704j:plain

ルノー メガーヌ RS 275 Trophy-R スペック

  • エンジン:直列4気筒 2L ターボ
  • 最高出力:275ps
  • 最大トルク:360Nm
  • リアシート、吸音材なし
  • レースシート
  • チタンエキゾースト
  • 軽量アロイホイール
  • リチウムバッテリー
  • ベースのRS275トロフィーから101kg車重を減

【関連記事はこちら】

日本導入記事:悩む必要なし!ルノーメガーヌRSトロフィ/S/Rがきた!

試乗動画:ニュル最速最高FFマシン!ルノーメガーヌ RS275トロフィー試乗動画

新型メガーヌ:新世代の顔でライバル以上を!ルノー 新型 メガーヌ / メガーヌGT

新型メガーヌ GT220&R.S.がMT乗りを悩ませる

 

先日セアトの「レオン クプラ」が大幅に短縮していた、ニュルFF最速タイム

レオン クプラ記事:ニュルFF最速交代!セアト レオンクプラが10秒短縮!

 

もうそろそろ難しいかな?とも思っていたけれど、メガーヌRS275 トロフィーRはさらに4秒減

 

それも今回メガーヌが出した7分54秒は、過去にニスモがチューンして販売した「NISMO SKYLINE R34 GT-R Z-Tune」と同じで、一昔前なら考えられないタイム

 

※参考 NISMO SKYLINE R34 GT-R Z-Tune スペック

  • エンジン:直列6気筒 2.8L ターボ(ノーマルは2.6L)
  • 最高出力:500ps以上
  • 最大トルク:55kgm以上
  • ミッション:6MT
  • 販売時価格:1774万5000円

 

一体この戦いは、どこまで続くんだろう

 

 

…とも思ったけれど、その心配は不要かも

 

というのも、RS275 トロフィーRのチューン内容は、リアシートなし、吸音材なしの、ほぼレーシングマシン仕様で限界のスペック

 

f:id:carislife:20140616205708j:plain

 

250台が市販されるとのことだけど、日常で使えるか…となるとかなり疑問

 

内外装は綺麗だけど、エンジン音や振動は室内にそのまま飛び込んでくるし、サーキット専用モデルとして購入するほうが自然

 

「なりふり構わず」で最速を取りに行く姿勢は、スポーツ好きなら嬉しいけれど、市販車最速FFというこの戦いからは離れてしまっているね

 

 

でも、タイムを出されたら、超えなければいけないのが、ホンダが今後発表するシビックタイプR

 シビックタイプR記事:次期シビック タイプRはそのままレーシングカー!

 

シビックのさらなるパワーアップは、このタイムを超えるため、ほぼ間違いなさそう