車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

717ps!ダッジ チャレンジャーSRTヘルキャット

f:id:carislife:20140706150428j:plain

ダッジが、高性能モデル”チャレンジャー SRT”をさらに進化させたモデル、「チャレンジャー SRT ヘルキャット」を発表

 

公式画像がわかりやすくて(笑)

 

強大なパワー!使うならやっぱり!

▼ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット プロモーション動画

▼エクステリア 

f:id:carislife:20140706150430j:plain

f:id:carislife:20140706150433j:plain

ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット スペック

  • エンジン:V型8気筒 6.2L スーパーチャージャー「HEMI」
  • 最高出力:717ps(英馬力 707hp)
  • 最大トルク:89.8kgm
  • ミッション:新設計 8速AT
  • Brembo製6ポットキャリパー
  • 2ピース390mmブレーキローター
  • 20インチ鍛造ホイール
  • 赤、黒の2つのキーがあり、黒のキーでは出力が500psに制限

【関連記事はこちら】

ワイドボディ設定!ダッジ 新型 チャレンジャーSRTヘルキャット 2018 公開

315mm極太タイヤ!ダッジ新型「チャレンジャーSRTデーモン」4月公開

チャレンジャーGT:初の4WD!雪国でも迫力の走り ダッジ チャレンジャーGT 公開

走行動画:pennzoilが700馬力ダッジチャージャー SRTヘルキャットで夜の街をドリフト!

同エンジン搭載4ドアセダン:700ps超セダン!2015新型ダッジ チャージャーSRTヘルキャット試乗動画 

 

公開された動画や画像を見ると、717psというパワーも、なにに使うのか?なんて考える必要はなくなるね(笑)

 

アメリカでも人気のドリフトを楽しむのもいいと思うけれど、やっぱりパワーを使い切るならドラッグレース

 

思い切りアクセルを踏み抜くのが、メーカーも狙ったところだと思う

 

 

丸型で4つあるように見えるヘッドライトの中側2つは吸気のためにくり抜かれ、本気のドライバーでも、購入した後にすることは微調整だけじゃないかと思うほど、全体的にやんちゃ

 

 f:id:carislife:20140706150438j:plain

 

最上級モデルなので、インテリアにも気を使っている

 

だけど、あくまで戦うための空間じゃないかな

 

▼インテリア 

f:id:carislife:20140706150436j:plain

 

ライバルのフォード マスタングは、先日純正でインラインロックを搭載し、ユーザー重視の思い切った姿勢で驚かせた

フォード マスタング記事:新型マスタングGT標準!?のインラインロック動画

 

でもダッジまでこうだとなると、これが当たり前なのかも

 

これらのクルマは、開発時の考え方がスポーツカーではなく、「マシン」なんだろうね

 

 

速さが存在価値

 

この本気度、うらやましい(笑)