読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

夢の爺ちゃんスポーツ トミーカイラ ZZがEVで復活!

f:id:carislife:20140727195407j:plain

伝説の国産スポーツカー「トミーカイラ ZZ」が電気自動車として復活、販売開始! 

 

夢は京都から世界へ!

 

京都が作ったスポーツEVは、世界のスポーツにも

f:id:carislife:20140727195411j:plain

f:id:carislife:20140727195413j:plain

f:id:carislife:20140727195416j:plain

f:id:carislife:20140727195418j:plain

f:id:carislife:20140727195420j:plain

トミーカイラ ZZ 概要・スペック

  • 大手自動車メーカー以外では、国内初の量産EV
  • 99台の限定生産
  • 全長×全幅×全高:3865×1735×1140mm
  • ホイールベース:2370mm
  • パワートレイン:モーター(リチウムイオンバッテリー)
  • 最高出力:305ps
  • 最大トルク:42.3kgm
  • ミッション:1速固定
  • 駆動:MR
  • サスペンション:F・R ダブルウィッシュボーン
  • 車重:850kg
  • 価格:800万円

公式サイト:TommykairaZZ by GLM

【関連記事はこちら】

京都発EVスーパーカー!最大トルク102kgm「GLM G4」2019年発売 価格4000万円 

 

京都の自動車メーカー「トミーカイラ」がつくったスポーツカー「ZZ」

 

このネーミングは、トミーカイラ創業者の冨田氏と解良氏が、「自分たちの手でクルマを作りたい」という夢を叶えた時には、すでに二人とも「爺爺」になっていたから…というのは、あまりにも有名

 

しかし1997年に生産を開始したZZは、ほどなく変更された保安基準によって、たったの206台で生産が中止

 

幻のスポーツカーになってしまった…

 

 

それが今回復活したのは、同郷の京都大学からうまれたベンチャー企業「グリーンロードモータース」が、電気自動車として走らせたいと願ったから

 

その夢には多くの賛同者が集まり、大手メーカー以外では初めての認証を取得

 

ついに販売にまでこぎつけた

 

 

新しくなったZZは、以前積んでいた日産の名機SR20DEから、モーターにパワートレインを変更したものの、軽量なスポーツの考えはそのまま

 

走りに必要なシャシーやパワートレインと外装を別にし、外装さえ変更すればあらたなクルマを作ることも可能

 

今後走行システムだけの販売もされ、世界に多くの電気自動車を生み出していきそう

 

▼ZZ アルミ製シャシー(単体販売時にはパワートレインも取り付けられる)

f:id:carislife:20140727200810j:plain

「120kmの航続距離は長くない」とメーカーは語っているけれど、電気自動車としては見劣りする性能じゃない

 

それに、スーパーカーと同じようにほぼ手作りで作られるクルマが、800万円と破格なのは驚き

 

850kgの車体に、4.2Lなみのトルクを出すモーターによる走り、そして歴史も可能性もスーパー

 

爺ちゃんの夢からできたクルマ「ZZ」、ものすごく格好いい!

 

本当の伝説はこれからなのかも