車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

イタリアの芸術パガーニ・ゾンダがバッテリー上がり

f:id:carislife:20140817115440j:plain

イタリア パガーニ社のスーパースポーツ「ゾンダ Fロードスター」のエンジン始動ができなくなった動画

 

スーパーカーもクルマ、ということを思い出す微笑ましい様子(笑)

  

ごめん!みんな押して!エンジン切らずに家に帰るね

 

パガーニ ゾンダ Fロードスター スペック

  • 全長×全幅×全高:4435×2055×1140mm
  • ホイールベース:2730mm
  • エンジン:V型12気筒 7.3L
  • 最高出力:650ps/6200rpm
  • 最大トルク:79.59kgm/4000rpm
  • ミッション:6速マニュアル
  • 駆動:MR
  • 車重:1230kg
  • 限定25台
  • 価格:1億2千万円

【関連記事はこちら】

パガーニ ウアイラの動画が美しすぎて

パガーニ 3億円ゾンダレボリューションが日本に!?

 

何回かクルマを押してもらったことがあるけれど、最近は押すことがないね

 

日本ではオートマ車の比率が高く、バッテリー上がりにはケーブルをつないでエンジンを始動することが多い

 

でも、マニュアル車ならニュートラルでクルマを動かし、ギヤをつなげばOK

 

これはAMG製V型12気筒7.3Lエンジンを積むゾンダでも変わらない

 

 

パガーニ社の創設者でゾンダの設計者、完璧主義で周りを困らせるほどのオラチオ・パガーニでも、この手のトラブルはどうにもならないね

 

家に飾っておいてたまに走らせるなんてオーナーも多そうだから、バッテリーはあがってしまいやすそうだ

 

 

ゾンダオーナーなら、お茶でも飲みながら新しいバッテリーの到着を待っても良かった気がするけれど、このオーナーはトラブルも楽しんでいるように見える

 

カーボンシャシーのゾンダみたいなクルマを押す機会はめったにないと思うけれど、マニュアル車の比率が高いヨーロッパでは、押しがけは今でも日常の光景なのかも