読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

耳が心地いい…フェラーリ250GTO ラグナセカ走行

フェラーリ

f:id:carislife:20140823133040j:plain

先日39億円で落札された、フェラーリのヒストリックレーシングカー「250GTO」のラグナ・セカ走行映像

 

買えないけど、欲しくなる理由はわかるな

  

小さな車体に3LV型12気筒キャブ!フェラーリ最高峰サウンド

【関連記事はこちら】

フェラーリ初のミッドシップ!フェラーリ 365 GT4BB 試乗動画

オークション新記録39億円!フェラーリ250GTO落札

 

50年前のマシンで304psだから、速いという印象は受けないけれど、すべてが気持ちよさそう

 

 

1000kgの小さな車体で駆け抜けるコーナーは、無駄がなく滑らか

 

対して贅沢の極みとも言える、3Lという排気量に対して12気筒あるエンジン

 

1気筒の容量はたったの250ccで、総排気量が6.2Lある現代のフェラーリV型12気筒よりも澄んだ音

 

抵抗が少ないレース用のエキゾーストパイプもその音を美しく整え、聴く人に届けてくれている

 

 

ステアリングを握っていれば、キャブレターの吸気サウンドも気持ちいいんだろうな

 

39億円という価格も、10億円を超える値がつくヴァイオリンの名器”ストラディバリウス”などを考えると、聴き惚れた人にはまだ高くない…のかも