車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

リッター100kmの超低燃費!ルノー イオラブコンセプト

f:id:carislife:20140917210038j:plain

ルノーが、超低燃費ハイブリッドコンセプトカー「イオラブ」を公開

 

しっかりとしたサイズで、使いやすそう

  

Bセグメントのプレビューを兼ねた現実的コンセプトカー

▼イオラブ 採用技術解説・走行動画

f:id:carislife:20140917210040j:plain

f:id:carislife:20140917210043j:plain

f:id:carislife:20140917210046j:plain

ルノー Eolabコンセプト 概要・スペック

概要
  • ”2020年までに燃費50km/L達成”というフランス政府からの要請に答えたコンセプトモデル
  • 燃費は政府要請値の倍である100km/L
  • 100以上の新技術が組み込まれている
  • 新技術を使用しながらも、生産した場合550万円ほどという低価格も大きなポイントとなっている
スペック(括弧内数値は同クラスのルノー ルーテシア比較値)
  • パワートレイン:直列3気筒 1L + モーター
  • エンジン出力:75ps/9.7kgm
  • モーター出力:68ps/20.5kgm
  • ミッション:3速
    (下の2速はモーターのみ使用。他のミッションよりコスト、重量にメリットがあるとのこと)
  • 車重:955kg(-400kg)
  • 車重は、固定式ボンネット、薄型フロントウィンドウ、重量4.5kgのマグネシウム製ルーフなどにより低減
  • Cd値(空気抵抗係数):0.235(-30%)
  • タイヤ・ホイール:19インチミシュラン製タイヤ・アルミ、カーボンホイール
  • ドア:右2ドア、左1ドア
  • 乗員:4人
  • 11インチタッチスクリーン
  • サイドミラーはバックビューカメラで代用

【関連記事はこちら】

どっちも燃費50km/L!プジョー208ハイブリッドエアー/C4カクタスエアフロー

 

低燃費コンセプトカーは、使い勝手が物足りないチャレンジなモデルが多いけれど、イオラブはこのまま出ても違和感がないんじゃないかな

 

10年以内に市販されるコンパクトカーのデザインをお披露目するクルマで、100km/Lの燃費を達成しているのは魅力的だよね

 

 

インテリアもデザインを重視しながら、現代的なタブレットを装備

 

f:id:carislife:20140917210131j:plain

 

リアシートにいたっては、コンセプトカーという雰囲気をまったく感じない

 

f:id:carislife:20140917210052j:plain

 

少しチャレンジなところをあげると、ドアのレイアウトになるかも

 

運転席側に1枚、助手席側に観音開きで2枚のドアはこれまでにもあったけれど、販売で成功したクルマはあまりなく、なんらかのメリットがあったとしても、ユーザーに理解してもらうのは難しそう

 

f:id:carislife:20140917212333j:plain

 

ここは部品を少なくして、重量を減らすことが優先された結果のような気もするね

 

 

マグネシウムルーフやカーボンホイールが採用されているから、価格も高いのだろうと思ったら、それほどでもない550万円

 

市販されるときには、燃費100km/Lにはならないかもしれないけれど、コンパクトカーらしい価格になるんじゃないかな

 

ここまでできているなら10年以内と言わずに、各部を調整し早い時期に発売すると、ルノーのイメージを変える1台になりそう