読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

自動運転も!?700psテスラモデルS P85D/60Dは4WD!

f:id:carislife:20141010203559j:plain

テスラが、デュアルモーター4WDと自動運転を実現した電気自動車、「P85D」「60D」「85D」を発表!

 

このインパクトは世界を動かすかもしれない…!

  

いきなりの自動運転&ハイパワーEV4WD受注開始

▼テスラ イーロン・マスク P85D/60D/85D発表会動画 

▼テスラ P85D 試乗会映像

f:id:carislife:20141010203502j:plain

f:id:carislife:20141010203504j:plain

f:id:carislife:20141010203506j:plainf:id:carislife:20141010203507j:plain

テスラ Model S P85D/60D/85D/自動運転 概要・スペック・価格

P85D/60D/85D 概要
  • 電気自動車"Tesla モデルS"の4WDバージョン
  • モデル名にある「D」は「Dual Motor(デュアルモーター)」を表したもの
  • 「モデルS P85D」は、モデルSのフラッグシップモデル
  • 「モデルS 60D」と「モデルS 85D」は、”S P85D”の下位モデルで、航続距離に違い
    (それぞれの航続距離は、60D 362kmと85D 475km)
自動運転「オートパイロット」 概要
  • 発表された3モデルには、自動で車線変更ができるオートパイロット機能が装備される
  • オートパイロット機能は、前方の車との距離を測るレーダー、道路標識などを認識するカメラ、最高時速250km/hで車の周囲360度の状況が正確に把握できる超音波ソナーを活用した技術
  • ドライバーがウィンカーを出すだけで車が自動で車線を変更をおこなう
  • オートパイロットには他にも、自動駐車、危険察知が機能が備えられている
  • 停止サインや歩行者、障害物などを認識、車庫入れ、発車前にエアコンを入れることが可能
モデルS P85D スペック・価格(括弧内は後輪駆動モデル”モデルS P85”比較)
  • フロントモーター:最高出力224ps、最大トルク33.7kgm
  • リアモーター:最高出力477ps、最大トルク61.3kgm
  • システム最高出力:701ps
  • システム最大トルク:95.0kgm
  • 駆動:4WD
  • 0-60mph(≒96km/h)加速:3.2秒
  • 最高速度:250km/h(+40)
  • 航続距離:443km(+16)
  • 車重:2239kg(+132)
  • 価格:1203万8000円
モデルS 60D/85D スペック・価格
  • モーター:191ps×2(前後)
  • 駆動:4WD
  • モデルS 60D 航続距離:362km
  • モデルS 85D 航続距離:475km
  • モデルS 60D(円換算):約753万円(日本未導入)
  • モデルS 85D:933万円

テスラ モデルS公式サイト:Model S | テスラモーターズ

【関連記事はこちら】

新トップグレード:出力70馬力UP!90kWhバッテリー テスラ モデルS P90D 発表

テスラは全輪駆動!エントリー60kWh後継 モデルS 70D 価格937万円

700馬力の電気自動車!テスラ モデルS P85Dの加速を味わう動画

価格差120万円!テスラモデルS 4WD P85Dvs2WD P85加速バトル動画

テスラ モデルS P85Dvsダッジ チャージャーSRT Hellcat 試乗動画

 

数日前に「D」とだけ予告されていたテスラの新型車

 

デュアルモーターの「D」か、ドライバーレス(自動運転)の「D」か…と、世界中で噂されていたけれど、蓋をあけてみればどちらも正解

 

▼事前予告画像

f:id:carislife:20141010211745j:plain

 

こんなにドデカイ発表になると想像できた人は、世界にどれほどいたんだろう…

 

さすが革命児イーロン・マスク、といった印象だね

 

 

発表された3モデルは、フロントに4WD用のモーターが積まれている

 

モーターと容量がアップしたバッテリーで、重量が132kg増えているけれど、”モデルS”最高出力になる”P85D”のシステム総合出力はなんと701ps!で、スーパーカーにも引けをとらない

 

でも価格は1千万円ほどに抑えられ、バッテリーが高コストな電気自動車であることと、セレブにも受け入れられる上級さを売りにしていることを考えると、かなり攻めた設定になっているね

 

 

それに、世界中で研究されているけれど、販売まで…となると他にはない、自動運転システム「オートパイロット」までつく

 

▼テスラ オートパイロット イメージ

f:id:carislife:20141010203509j:plain

 

機能は、車線変更や自動駐車などドライバーの補助をメインに「完全な自動運転ではない」とされているけれど、これは画期的で、自動運転を研究している他メーカーを焚きつけるのは間違いなさそう

 

 

もしかすると何十年か先この発表が”人間の移動方法を変えた歴史的なもの”と言われる可能性もあるかも