車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

2014年10月乗用車販売ランキング デミオがきた!

f:id:carislife:20140717195056j:plain

【※11月乗用車ランキングはこちら】

デミオ大幅UP!2014年11月乗用車販売ランキング

 

10月新車乗用車販売台数ランキング!

 

入れ替わる注目車

  

先月から順位に変動があった車種には、前回の順位をつけています。

2014年10月新車乗用車販売台数ランキング

自販連のホームページ  

  メーカー 通称名 台数 前年比 前月
1位 トヨタ アクア 18031 90.20%  
2位 ホンダ フィット 13506 58.00%  
3位 トヨタ プリウス 13183 63.10%  
4位 トヨタ ヴォクシー 10735 327.50%  
5位 トヨタ カローラ 8407 66.60% 7位
6位 日産 ノート 8036 83.80%  
7位 ホンダ ヴェゼル 7663 12月発売 5位
8位 トヨタ ハリアー 6665   圏外
9位 トヨタ ノア 6550 266.30% 10位
10位 マツダ デミオ 6102 218.70% 圏外

前月乗用車ランキング記事:2014年9月乗用車販売ランキング セレナ接戦

【10月のその他ランキングはこちら】

2014年10月総合販売台数ランキング 増税の影響長引く

2014年10月軽自動車販売ランキング デイズ大幅減 

 

勢いをなくしたフィットと注目車デミオ

軽自動車と同じく、乗用車も全体的に販売台数が減少

 

特にホンダ フィットは、10月に現行型になってから5回目のリコールがあったことで、新型を発売した前年から58%の大幅減となり、1年で新型車の効果を失った

 

コンパクトカーのフルモデルチェンジサイクルは5年ほどで、フィットはまだまだこれからなのに、これは不安だね…

 

 

今年カーオブザイヤーを獲得したマツダ デミオは、やはり勢いがある

カーオブザイヤー:2014-2015日本カーオブザイヤーはデミオ!各映像も

 

月あたりの販売目標5000台のところ、6000台超えで出だし好調

 

マツダが先日発表した、予約開始の9月11日から1ヶ月半後の10月26日までの受注状況では、1万9000台以上を受注しているとのことだったので、生産ラインさえ対応できればさらに上位も狙えるね

 

 

ハイブリッド車と、ディーゼルをセールスポイントにするデミオでは、ハイブリッド車が優勢だけど、日本でのコンパクトディーゼルはまだこれから

 

今後のディーゼルモデルの販売は、デミオオーナーがどれほど感動し、口コミをしてくれるかがポイントになりそう