車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

左右対称パターンへ!ブリヂストンPOTENZA RE-71R

f:id:carislife:20141210195713j:plain

ブリヂストンが新フラッグシップスポーツタイヤ「ポテンザ RE-71R」を発表

 

変化がはっきりわかる新世代ポテンザ

 

スポーツカーの性能を限界まで引き出す効率化デザイン

f:id:carislife:20141210195717j:plain

ブリヂストン ポテンザ RE-71R 概要・改良ポイント・サイズ

概要
  • スポーツドライビング向け「RE-11A」の後継モデル
  • モデル名は、1986年に国内タイヤメーカーで初めてポルシェ、フェラーリに新車装着され、ポテンザブランドを世界に広めた「RE71」に由来
  • 一部サイズはタイヤラベリング制度で、転がり抵抗性能「C」、ウェットグリップ性能「b」
  • 2015年2月2日発売
改良ポイント
  • 独自技術「アルティメット アイ」を駆使し、サーキット走行で想定されるタイヤの動きを細部まで計測
  • ハイグリップを実現する「RE-71R専用ハイグリップコンパウンド
  • 太い2本の主溝とラグ溝を独立させ、センター部の剛性を高めてクイックな初期応答性を実現する「ワイドストレートグルーブ&センターリブ」
  • 周方向に対して角度の異なるラグ溝を交互に配置し、数字の「7」のようなデザインの「セブングルーブ」
  • 溝のないスリックなショルダー部によってブロック剛性を確保する「スリックショルダーブロック」
  • 従来品「RE-11A」と比較し、最速ラップタイムを1.4%、平均ラップタイムを1.0%短縮
サイズ
  • 185/60R14 82H~275/35R19 96W
  • 全41サイズ

【関連記事はこちら】

その他ポテンザ前型との違いはスポーツ!ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003

プレミアムタイヤREGNOまた静かに…ブリヂストンREGNO GR-XI/ミニバン専用REGNO GRV II

 

現在でもスポーツカーを代表する存在であるポルシェやフェラーリに国内メーカー初採用されたモデルの進化が、30年近くたって見られるなんて…感慨深い

 

名前からも世代の違いが伝わってくるね

 

 

新トップモデルRE-71Rを、前モデルとなるRE-11Aと比較すると、「あれ?」という感覚

 

▼従来モデルRE-11A・性能比較

f:id:carislife:20141210200800j:plain

f:id:carislife:20141210195720j:plain

新モデルのRE-71Rのパターンはとてもシンプルになり、近年タイヤのトレンドだった左右非対称パターンでもなくなっている

 

それによって接地面積が増しているのにもかかわらず、最新のコンパウンドなどを採用することで、サイズによっては転がり抵抗性能「C」、ウェットグリップ性能は「b」にも!

 

ドライグリップを重要視するため、エコやウェット性能は…と考えられていたスポーツタイヤではあまりなかった進化だね

  

f:id:carislife:20141210195722j:plain

サーキットメインで使用するユーザーが多いポテンザのフラッグシップモデルらしく、もちろんタイムもアップ

f:id:carislife:20141210195724j:plain

転がり抵抗が小さくなったことで、マシンパワーがタイヤに奪われなくなるし、小排気量NAマシンでも使いやすいタイヤになったんじゃないかな