車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

全高-110mm価格138万円から ホンダ新型N-BOXスラッシュ

f:id:carislife:20141222163245j:plain

【新型はこちら】

カラーがもっと選べる!ホンダ マイナーチェンジ新型 N-BOXスラッシュ 発売

 

ホンダが「N-BOX」のルーフを大胆に低くした派生モデル、「N-BOXスラッシュ」を発売

 

小さくなったのにN-BOX以上が多い…!

  

やんちゃなだけじゃない!シートや走りにもN-BOXスラッシュの味

12/24追加:N-BOXスラッシュ 発表会映像

▼N-BOXスラッシュ 画像

f:id:carislife:20141222163247j:plain

▼2トーンカラースタイル 画像

f:id:carislife:20141222163248j:plain

ホンダ N-BOX スラッシュ 概要・スペック・技術ポイント・価格

概要
  • 軽トールワゴン「N-BOX」の派生モデル
  • ハイトワゴン市場に“異端の風”を吹き込む1台として製作
  • 「ファンキー・チョップトップ」が開発コンセプト
スペック
  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1670mm
  • ホイールベース:2520mm
  • 車両重量:930kg
  • 燃費:25.8km/L
技術ポイント

エクステリア・走行性能

  • N-BOXからルーフ位置を100mm低く、最低地上高も10mmローダウン
  • ボディーカラーは8色の他、2トーンカラースタイルを用意
  • 車両重量が10~30kg軽くなることを受け、エンジン、CVT、足まわりなどのセッティングを変更
  • ルーフが下がることのメリット、N-BOX生産開始から3年でみつかったポイントを改善することで、ボディー剛性を向上

インテリア

  • インテリアデザインは標準で、「ストリートロッドスタイル」と、1950~1960年代のアメリカの家庭をイメージした「ブライトロッドスタイル」の2種類
  • オプションでカリフォルニアのロードサイドで営業するダイナーレストランの店内をイメージした「ダイナースタイル」、ハワイの海岸近くでサーフィンなどを楽しむイメージの「グライドスタイル」、テネシーのジャズやブルースが流れるライブハウスをイメージした「セッションスタイル」の3種類を設定
  • 8スピーカー+1サブウーファーで構成される「サウンドマッピングシステム」を「X」グレードに標準設定
  • 音質向上のため、ダッシュボードインシュレーターの形状見直しやフロントフェンダーエンクロージャーを採用
  • シートアレンジとしては「ユーティリティー・モード」「ロング・モード」「トール・モード」「リフレッシュ・モード」の4種類
  • ラゲッジスペースの荷室容量は、床下収納と合わせて4人乗車時で296L、リアシートを両側ともダイブダウンさせた最大時は743L

その他・安全装備

  • パワーステアリングのアシスト力を2段階に変更可能な「モード切替ステアリング」
  • センターコンソールトレーにqi(チー)規格対応のワイヤレス充電器を設定
  • 「VSA(ABS+TCS+横すべり抑制)」、「ヒルスタートアシスト機能」、「エマージェンシーストップシグナル」を全車標準装備
N-BOXスラッシュ 価格
  • 標準:138万円~188万円
  • 2トーンカラースタイル:151万9400円~193万9400円

【関連記事はこちら】 

ベースモデル:ホンダ2015マイナーチェンジ新型N-BOX/プラスに新カラー&シートと少し燃費

無限モデルやコンセプトなど:ホンダ 2015オートサロンはN-BOXスラッシュづくし!

試乗動画:内装がヤバい!評判のN-BOX Slash速攻試乗動画

N-BOXキャンプカスタム:ホンダN-BOXにピックアップN-TRUCKとキャンピングトレーラーN-CAMP!

 

ホンダ自身が「ファンキー」だと話すN-BOXスラッシュには、こだわりがいっぱい

 

 

スイング式に変更されたドアには、スタイルを守るためドアハンドルをビルトイン

 

f:id:carislife:20141222163251j:plain

 

インテリアデザインはオプションも含めると5種類も用意されていて、価格が上のクルマでもここまでは珍しい

 

▼ストリートロッドスタイル

f:id:carislife:20141222163255j:plain

▼ブライトロッドスタイル

f:id:carislife:20141222163256j:plain

▼ダイナースタイル

f:id:carislife:20141222163258j:plain

▼グライドスタイル

f:id:carislife:20141222163300j:plain

▼セッションスタイル

f:id:carislife:20141222163302j:plain

 

事前発表から売りにあげていたサウンドシステムは、こだわりのサブウーファーまで採用

 

音の響きを良くするため、ダッシュボードの形状を変更するちからの入れようだ

 

▼N-BOXスラッシュ サウンドマッピングシステム CM・画像

f:id:carislife:20141222163706j:plain

▼専用バックロードホーン型サブウーファー

f:id:carislife:20141222163303j:plain

 

そしてシートレイアウトでは、これまでNシリーズで左右一体スライドだったリアシートを、独立スライドに変更し使い勝手をアップ

 

▼N-BOXスラッシュ シートレイアウト

f:id:carislife:20141222163305j:plain

f:id:carislife:20141222163307j:plain

f:id:carislife:20141222163308j:plain

ラゲッジスペースはルーフと一緒に高さがなくなっているけれど、ホンダNシリーズはセンタータンクレイアウトを採用していることで、もともとラゲッジには余裕があるので、それほど気にならないんじゃないかな

 

▼ラゲッジスペース

f:id:carislife:20141222163313j:plain

 

パワーステアリングのアシスト力を変更するモード切りかえはちょっとおもしろい装備で、女性やご年配の声に応えたものらしい

 

乗り始めはどちらが好みか試してみたほうが良さそうだね

 

▼モード切替ステアリング

f:id:carislife:20141222163316j:plain

 

クルマを”楽しむ”こともできるけれど、”使う”ことも進化しているN-BOXスラッシュ

 

個性を大きなセールスポイントとするホンダ軽自動車の、魅力を詰め込んだ1台になっているんじゃないかな