読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

スズキ 次期スイフト「iK-2」、次期ジムニー「iM-4」 2台のコンセプトを公開

f:id:carislife:20150304200002j:plain

3/10:スズキ「iK-2」、「iM-4」の発表会、実車展示の動画を追加しました。

 

スズキが、コンパクトモデルのコンセプトカー「iK-2」と、小型4WDモデルのコンセプトカー「iM-4」を公開

 

どちらも期待の技術が入ってる!

 

1Lダウンサイジングエンジン「BOOSTERJET」で、燃費と性能を両立する次期スイフト

▼3/10追加:スズキ「iK-2」「iM-4」実車 発表会、展示 動画

▼スズキ iK-2 画像 

f:id:carislife:20150304200001j:plain

f:id:carislife:20150304195959j:plain

f:id:carislife:20150304200000j:plain

▼スズキ iK-2 チーフデザイナー インタビュー 動画

スズキ iK-2 概要・スペック

  • 「Harmonised Force(調和した力)」をコンセプトとするコンパクトコンセプトカー
  • 次期「スイフト」のプレビューであると言われている
  • 「スズキが考える理想のコンパクトカー」を目指し、1Lターボダウンサイジングエンジン「BOOSTERJET(ブースタージェット)」を採用
  • 全長×全幅×全高:4023×1920×1450mm
    (現行スイフト全長+270mm、全幅+225mm、全高-50mm)
  • 2016年モデルとして発売予定

【関連記事はこちら】

量産モデル:理想のコンパクトカー早くも量産!スズキ 新型 バレーノ 9月発表

スズキ スイフトでアイスホッケー!?これは事故(笑)

 

次期スイフトと噂されながら、現行モデルより大幅に大きい「iK-2」

 

どうやらこのモデルは、スズキの次世代燃費技術である、ダウンサイジングターボエンジン「ブースタージェット」をお披露目するのが大きな目的の様子

 

▼スズキ ダウンサイジングエンジン「ブースタージェット」動画

 

デザインはキープコンセプトだと思うけれど、あくまでコンセプトカー用のサイズなので、iK-2は、「次期スイフトはダウンサイジングターボで燃費をあげる」というスズキの発表ととってよさそうだ

 

 

次期ジムニー「iM-4」は、ワゴンR採用「S-エネチャージ」で走り+燃費

※市販モデルは新型「イグニス」となりました。

イグニス スペック:初代スイフト復活!1.2LハイブリッドSUV スズキ イグニス 公開

▼スズキ iM-4 動画

▼スズキ iM-4 画像 

f:id:carislife:20150304195958j:plain

f:id:carislife:20150304200003j:plain

f:id:carislife:20150304200004j:plain

▼スズキ iM-4 チーフデザイナー インタビュー 動画

スズキ iM-4 概要・スペック

  • 「Shape the Inspiration(インスピレーションを形にする)」をコンセプトとした、小型4WDコンセプトカー
  • 次期「ジムニー」のプレビューであると言われている
  • 全長×全幅×全高:3693×1709×1566mm
  • 「エスクード」などに採用されている、貝殻形ボンネット、スズキのコンパクトカーに採用されている「フローティングルーフ」などが特徴
  • 欧州では「SHVS」として展開される、「ワゴンR」にも採用されているマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」を搭載
  • エンジンはスイフトなどに搭載されている「1.2Lデュアルジェットエンジン」

 

2013年の東京モーターショーで、ハイブリッドコンセプト「X-LANDER」が公開されていた、次期ジムニー 

X-LANDER スペック:ジムニーHV X-LANDERがくる!

 

最新のコンセプトモデル「iM-4」は燃費技術に、ワゴンRにも採用されている「S-エネチャージ」と、コンパクトカーに採用されている低燃費エンジン「デュアルジェット」を組み合わせる

S-エネチャージ搭載ワゴンR スペック:新型ワゴンRにマイクロHV!ターボとNAどれを選ぶ?

 

ボディデザインは、販売好調の新型「アルト」に似ていながら、ボンネットはスズキのオフロードモデル、次期エスクード「ビターラ」にも採用されている貝殻形状でタフさを見せる

アルト:価格60万円台から!スズキ新型アルト・マツダキャロルは5AMTにスペックも!ターボは3月

次期エスクード:ビターラはオフロードのスズキ!のちょうどいいSUV

 

コンセプトモデルは車高が低めに見えるけれど、スズキは「あくまでコンセプト」と言わんばかりに、オフロード性能をアピールしているので心配はなさそう

 

こちらも次期スイフトと同じく、技術のプレビューと言えそうだね

 

 

走りと燃費の両立を狙った技術を公開したスズキ

 

次期ジムニーはまだ生産予定が決まっていないらしいけれど、次期スイフトは来年には出るので、狙っている人は期待して待っていてもよさそう