読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

クーペでSUVで4WD電気自動車!アストンマーチン DBXコンセプト

f:id:carislife:20150305213118j:plain

高級GTカーへの参入を狙うアストンマーチンが、話題ありすぎなコンセプトモデル「DBXコンセプト」を公開

 

元日産のアンディ・パーマーCEO、勢いあるね!

 

高級GTは将来SUVが主流に?新世代すぎるコンセプト アストン DBX 

▼アストン・マーチン DBX コンセプト 動画

アストン・マーチン DBX コンセプト 概要

  • クロスオーバーSUVとクーペ、アストンマーチン初の電気自動車を組み合わせた、2+2シーター高級GTコンセプト
  • 市販化を検討中
  • 駆動:4WD
  • シートにヌバックレザーを採用
  • ドライブ・バイ・ワイヤ(電気式)ステアリング
  • アクティブLEDライト
  • カーボンセラミックブレーキ
  • 自動調光機能付き強化ガラス
  • 運動エネルギー回生システム「KERS」

【関連記事はこちら】

総額90億円以上!アストンマーティン新工場記念 歴代マシン走行動画

1000馬力の電気自動車!アストンマーチン ラピード E コンセプト 公開 

 

最近、800馬力超えの「ヴァルカン」、600馬力の「ヴァンテージ」と、とても惹かれる限定車を2台も公開したアストンマーチン

▽アストンマーチン新モデル

価格3億円超 800馬力!アストンマーチン ヴァルカン 限定24台

限定100台100kg軽量!アストンマーチン ヴァンテージ GT3

 

ファンを驚かすためにこっそりと準備していたという「DBXコンセプト」も、かなり目を引く

 

 

2ドアクーペなのに車高が高い、クロスオーバーSUVスタイルを採用 

 

先日ボルボも、4ドアセダンSUVを公開していたけれど、スポーティさはアストンマーチンのほうが上かな?

ボルボ セダンSUV:65mmリフトアップをセダンで!?ボルボ S60 クロスカントリー公開

 

▼アストン・マーチン DBX コンセプト エクステリア 画像

f:id:carislife:20150305213113j:plain

f:id:carislife:20150305213114j:plain

f:id:carislife:20150305213115j:plain

 

去年まで日産の副社長で、日産「GT-Rニスモ」を豪快にドリフトさせていた「アンディパーマー」は、現在アストンマーチンのCEO

アンディパーマー ドリフト動画:GT-Rニスモで豪快走行…は日産副社長!(笑)

 

彼のコメントによると、「将来のクルマは、さまざまな要素が垣根なく組み合わされ、もっと便利、快適になる」とのこと

 

その言葉を裏付けるように、DBXコンセプトに採用されている「ドライブ・バイ・ワイヤステアリング」は、2013年に発表された現行型「日産 スカイライン」に、「ダイレクト・アダプティブ・ステアリング」として世界初採用された技術で、アンディ・パーマーは良さを知っている

日産スカイライン スペック:新型スカイラインはスペックもデザインも集大成!【動画追加】

 

このコンセプトモデルは、彼が考える最高の要素の集合なんだね

 

 

インテリアでは、間があいたフレームにはられたシートのレザーが触ってみたくなるいい風合い

 

▼アストン・マーチン DBX コンセプト インテリア 画像

f:id:carislife:20150305213119j:plain

f:id:carislife:20150305213120j:plain

f:id:carislife:20150305213116j:plain

 

こんなスタイルのクルマが、電気自動車で市販、となれば、インパクトは抜群だよね

 

 

CEOとなり、クルマづくりを全力で楽しんでいるアンディ・パーマーが自信を持つコンセプト

 

「手応えは掴んだ」ということなので、市販化を期待してもいいのかも