車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

Sエネチャージ!新型 スズキ スペーシア/マツダ フレアワゴン 燃費32.0km/L

f:id:carislife:20150519205344j:plain

スズキが「スペーシア」と「スペーシアカスタム」の一部改良を発表

 

軽自動車にステレオカメラを積んじゃうの!?

  

「デュアルカメラブレーキサポート」に新型「S-エネチャージ」までついた、新型 スペーシア/スペーシアカスタム、フレアワゴン

▼スズキ スペーシア 新色「フレンチミントパールメタリック」エクステリア 画像

f:id:carislife:20150519204028j:plain

▼スズキ スペーシア カスタム エクステリア 画像

f:id:carislife:20150519204033j:plain

▼マツダ フレアワゴン 画像

f:id:carislife:20150528201433j:plain

▼マツダ フレアワゴン カスタムスタイル 画像

f:id:carislife:20150528201434j:plain

スズキ スペーシア / スペーシアカスタム
マツダ フレアワゴン / フレアワゴン カスタムスタイル 改良ポイント・価格

走行改良

  • 自然吸気エンジン車に、モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」を搭載
    (S-エネチャージ搭載ターボモデルも8月に発売予定)
  • 「R06A」型エンジンの燃焼効率を改善
  • 燃費を29km/Lから32.0km/Lとし、NA全車がエコカー減税の免税対象車に

安全・快適・デザイン改良

  • これまでの安全システム「レーダーブレーキサポート」にかえ、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を軽自動車として初搭載(オプション価格:7万5600円)
    ▽デュアルカメラブレーキサポート機能
    ・約5km/hから約100km/hの速度域で車両や歩行者を検知
    ・警報、自動ブレーキで衝突を回避、衝突時の被害を軽減
    ・車線逸脱警報機能
    ・ふらつき警報機能
    ・先行車発進お知らせ機能
  • 真上から見ているような視点で周囲を確認できる「全方位モニター」を採用
  • 「ナノイー搭載フルオートエアコン」、「プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)」を採用
  • スペーシアのフロントグリルにメッキのアクセントを設定。
    ボディーカラーに新色「フレンチミントパールメタリック」を追加
    インテリア色をベージュとグレーの2色に
  • スペーシア カスタムのフロントグリルメッキ使用部位を増加
    シートに赤のアクセントカラーを採用
スズキ スペーシア / スペーシアカスタム、マツダ フレアワゴン / フレアワゴンカスタムスタイル 価格(NAモデル)
  • スズキ スペーシア:127万4400円~150万3360円
  • スズキ スペーシア カスタム:152万8200円~176万2560円
  • マツダ フレアワゴン:136万800円~158万9760円
  • マツダ フレアワゴン カスタムスタイル:161万4600円~184万8960円

【関連記事はこちら】 

ボンネット位置も変えた迫力顔!スズキ スペーシアカスタムZ 発売 価格149万円~

 

ここまで改良が入ると、マイナーチェンジより小規模なはずの「一部改良」ってなんだろう?となるね(笑) 

 

 

新型スペーシアは、先日「ハスラー」に積まれた、パワーアップしたモーターアシストシステム「S-エネチャージ」を搭載 

ハスラー スペック・価格:燃費UPに価格も!マイチェン新型 スズキ ハスラー/マツダ フレアクロスオーバー

 

おかげで、ハスラーよりもともと0.2km/L低かった燃費は同じ32.0km/Lとなり、前型から3km/Lもアップ!

 

これによって、ホンダN-BOXの25.6km/L、ダイハツ タントの28.0km/L、日産と三菱のデイズルークス、eKスペースの30km/Lより大幅に上の燃費になった

 

夏にはS-エネチャージを搭載したターボモデルも発売予定とのことなので、そちらの燃費にも期待だね

※追記 ターボモデル改良:ターボにもSエネチャージ!スズキ 新型 ワゴンR / スペーシア

 

 

そして新型スペーシアには、すごさは燃費以上!な新システム「デュアルカメラブレーキサポート」も搭載

 

このシステムは、レクサスのフラッグシップモデル「LS」や、スバルの「アイサイト」と同じく、人間の目のように2つのカメラで障害物を捉えることで、現在トップクラスの安全性能を実現するシステム

 

▼スズキ デュアルカメラブレーキサポート 画像・作動イメージ

f:id:carislife:20150519204034j:plain

f:id:carislife:20150519204117j:plain

 

コストももちろんかかるので、デュアルカメラブレーキサポートはオプションで7万5600円という価格設定になっている

 

けれど、スバルでは「アイサイトがないクルマは売れない」とも言えるくらいの状況らしいので、人気になりそう

 

 

ライバルのダイハツ タントも先日、カメラを積んだ最新安全装備「スマートアシスト2」を搭載し、安全装備の”機能”を競う構えだけど、スズキは思い切って2台カメラを積むシステムを作ったことで、一歩前に出たと言えるんじゃないかな

ダイハツ タント:スマートアシスト2に!ダイハツ2015改良新型 ムーヴ/タント

  

デュアルカメラブレーキサポートにプラスして、日産で「アラウンドビューモニター」として人気の「全方位モニター」もつけるという人が多くなりそうだ

 

▼スズキ スペーシア インテリア 画像

f:id:carislife:20150519205839j:plain

f:id:carislife:20150519204029j:plain

▼スズキ スペーシア カスタム インテリア 画像

f:id:carislife:20150519204032j:plain

 

ダイハツ タントのミラクルオープンドアや、ホンダ N-BOXのセンタータンクレイアウトのような、目を引く機能がなかったことでこれまで苦戦してきたスズキ スペーシア

 

けれど今回の改良によって、大きなセールスポイントができたので、強敵の中でも販売は少し楽になりそう

 

「軽自動車でも最大級の安全を作るスズキ」のイメージをアピールしていくと、今後のモデルにもプラスになるんじゃないかな