読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

サーキット・悪路兼用!レンジローバースポーツSVR 試乗動画

f:id:carislife:20150921201958j:plain

世界屈指の難コース ニュルブルクリンクで8分15秒のタイムを出した、ランドローバーのハイパフォーマンスSUV「レンジローバースポーツSVR」のサーキット試乗動画

 

サーキットじゃないところも走っているけれど・・・これぞランドローバー!

 

サーキットとオフロードの境界を消すSUV!ランドローバー レンジローバースポーツSVR 

※動画序盤は加速テストなど。バトルは4:30~、タイムアタックは8:00~

【関連記事はこちら】

レンジローバースポーツSVR 性能テスト動画に「!」

 

550馬力のV型8気筒 5L スーパーチャージャーエンジンを積み、ニュルで速く、水深850mmまで走行可能な、なんでもこい!SUV「レンジローバースポーツSVR」

レンジローバースポーツSVR スペック:ニュル8分15秒のSUV!レンジローバースポーツSVR

 

f:id:carislife:20150921201959j:plain

 

動画序盤では、その走行性能を確認

 

0-400mタイム12.7秒、0-96km/h加速4.3秒は、高出力スポーツカーなみ

 

f:id:carislife:20150921202001j:plain

f:id:carislife:20150921202002j:plain

 

8の字旋回では、腰の高さと車重2335kgからは想像しにくい、平均0.76Gという高い旋回性能をみせた

 

f:id:carislife:20150921202004j:plain

 

中盤では、レンジローバースポーツSVRとは真逆の存在、車重950kgのアルファロメオのスポーツカー「4C」とバトル!

アルファロメオ 4C スペック・価格:アルファロメオ 4C 軽量スポーツにかかる期待の重さ

 

スタートダッシュでは、車重をものともせず、磨きこまれた4WDシステムのトラクションでSVRが前へ

 

f:id:carislife:20150921202005j:plain

 

レース中抜かれてしまうけれど・・・

 

f:id:carislife:20150921202007j:plain

 

掟破りのオフロード走行で再び前にでた(笑)

 

f:id:carislife:20150921202008j:plain

f:id:carislife:20150921202010j:plain

 

違うコースを走ってしまったので勝負はつかないけれど、変更をせずにサーキット走行からオフロードまでこなすことができる懐の深さ、というレンジローバースポーツSVR最大の魅力が見られる場面だね

 

f:id:carislife:20150921202009j:plain

 

動画後半では単独でタイムアタックも実施

 

蛇角の大きさに車重や背の高さを感じるけれど、アクセルで向きを変えることができ、コース後半のゆるくつづくコーナーでも安定した姿勢を保っているのがわかる

 

f:id:carislife:20150921202011j:plain

 

なんでもできちゃうSUV レンジローバースポーツSVR

 

サーキットでの速さやコントロール性能では軽量なスポーツカーのほうが有利だけど、独特のマシンスペックをあらゆるフィールドで乗りこなしたときの気持ちよさには、なんとも言えないものがあるんじゃないかな