車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ダイハツ TMS2015出展のコンセプトカーは大きく開く!

f:id:carislife:20150901164942j:plain

ダイハツが、東京モーターショー2015の出展概要を発表

 

軽自動車をもっと使い倒すコンセプト!

 

ダイハツ ウェイクに商用車?新型 e:Sテクノロジー搭載モデルも展示

▼ダイハツ TEMPO(テンポ)画像

f:id:carislife:20150915135313j:plain

f:id:carislife:20150915155908j:plain

ダイハツ 東京モーターショー 2015 出展概要・展示車

  • 4台のコンセプトカーをワールドプレミア
  • 「POSSIBLE! 明日の“できる”をダイハツと」をテーマに、人々の生活に寄り添う軽自動車をさらに進化させる
出展車
  • NORI ORI(ノリオリ)
    クルマに対してのハードルとして「乗り降り」に着目。
    イージーアクセスを目指し、超低床フロアと2ウェイアクセス大開口ドア、電動スロープを採用
  • TEMPO(テンポ)
    軽商用車の新しいカタチとしてFFプラットフォームを最大限に活用。
    運転のしやすさや乗降性のよさなど、FF車の特長を商用車に活用
  • D-base(ディーベース)
    ニューベーシックスモールとして、ダイハツが考える次世代のスモールカーのあり方を提案。
    「e:Sテクノロジー」を進化した内燃機関の追求による次世代環境車
  • HINATA(ヒナタ)
    デザイン性とスペース機能の融合による新しいラウンドデザインの軽自動車。
    ナチュラルリラックスを表現したデザインとし、両側観音開きドアによる開放感と多彩なシートアレンジを可能とした

コンセプトカーを4台も展示し、可能性を見せることになるダイハツの東京モーターショー2015

 

 

商用車「TEMPO」は、これまで後輪駆動の軽トラックをベースにつくられていた商用車を、スペースを効率良く使えるFF車でつくったらもっと便利では?というアイディアからできたモデル

 

市販されることになれば、ベースとなるのは、デザインが近くスペースをセールスポイントにする「ウェイク」になりそう

ウェイク:価格135万円!新型 ダイハツ ウェイク/トヨタ ピクシスメガ

 

ターゲットである移動販売店舗は増えているので、コストが安く広い軽自動車は喜ばれる可能性が高いんじゃないかな

 

 

乗り降りに注目したそのままの名前「NORI ORI」は、走ることができるのかが心配になるほど低重心

 

横と後ろから大きく開くドアとスロープの組み合わせは、介護用として喜ばれそう

 

▼ダイハツ NORI ORI(ノリオリ)画像

f:id:carislife:20150901164942j:plain

f:id:carislife:20150901184632j:plain

 

燃費でライバルに譲ることが多くなってきたダイハツで期待される、次期「e:Sテクノロジー」を搭載する「D-base」は、詳細の発表なし

 

しかし、内外装ともに市販型に近いので、登場にはそれほど時間がかからないのかも

 

▼ダイハツ D-base(ディーベース)画像

f:id:carislife:20150902142713j:plain

f:id:carislife:20150902184900j:plain

 

「HINATA」は女性に喜ばれそうな丸いデザイン

 

ドアは観音開きで大きく開くので、「タント」のような使い勝手をもったサイズ小さめのモデルが、ダイハツ社内で考えられていそうだね

 

▼ダイハツ HINATA(ヒナタ)画像

f:id:carislife:20150831030512j:plain

f:id:carislife:20150831035807j:plain

 

近年注目されることが多かった燃費ではなく、新しい使い勝手を提案するダイハツ

 

前回の東京モーターショーにでていた「デカデカ」は、観音開きではなくなったもののウェイクとして市販化されたので、今回のモデルにもユーザーの手にとどくものがあるのかも