車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

次期LSは燃料電池車!?レクサス LF-FC コンセプト 公開!

f:id:carislife:20151028153419j:plain

レクサスが、次世代フラッグシップセダンのプレビューモデル「LF-FC コンセプト」を公開!

 

最高の技術が搭載された最上級モデルに

 

燃料電池搭載4WD!次期 レクサス LSは、最先端を提供 

▼レクサス LF-FC コンセプト 東京モーターショー2015展示 動画

▼レクサス LF-FC コンセプト プロモーション 動画

  

▼レクサス LF-FC コンセプト エクステリア 画像

f:id:carislife:20151028153421j:plain

f:id:carislife:20151028153422j:plain

f:id:carislife:20151028153423j:plain

レクサス LF-FC コンセプト 概要・スペック 

  • 将来のLEXUSフラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー
  • 水素社会を見据え、パワートレーンにはLEXUSで初めて燃料電池技術を採用
  • インテリアは、ドライバーの着座姿勢に対し、空間を上下二層に分け、上部は開放感をもたせ運転に集中できる造形とし、下部は上質な次世代のラグジュアリーを演出
  • 水素タンクをT字型に配置し、最適な前後重量配分を実現することで、優れた操舵応答性を確保
  • メイン駆動を後輪とし、前輪には、軽量かつ高出力のインホイールモーターを搭載する四輪駆動仕様
  • クルマが高度な認識・予測判断を行う「運転知能(Driving Intelligence)」、車車間・路車間通信を活用した「つながる(Connected Intelligence)」、さらにドライバーの状態認識や、ドライバーとクルマが連携しチームメイトの様に助け合う「人とクルマの協調(Interactive Intelligence)」を含んだ自動運転技術を搭載
  • タッチパネルに触れることなく、ジェスチャー入力が可能な操作システム、重畳表示が可能な大型ヘッドアップディスプレイ、小型電子ミラーなど、次世代インターフェイスを探求
  • ルーフにはシースルーソーラーを採用。炭素繊維強化プラスチックを一部使用し軽量化
  • 全長×全幅×全高:5300×2000×1410mm
  • 乗員:4名

【関連記事はこちら】 

市販型:新パワートレイン!レクサス 新型「LS500」「LS500h」フルモデルチェンジ 公開

レクサス 東京モーターショー2015出展車:レクサス TMS2015に年内発売GS F、新型GS / RXを出展!

 

先日フラッグシップセダン「LS」を改良しているレクサス

レクサス LS スペック:溶接増と接着剤で剛性UP!レクサス 2015新型 LS 価格854万円~

 

公開されたコンセプトカー「LF-FC」は、2年後の2017年にフルモデルチェンジする予定の次期LSプレビューモデルだ

 

 

LF-FCは、現行LSよりアグレッシブなスピンドルグリルを採用

 

レクサスが現在販売しているスポーティモデルに近いデザインに

 

f:id:carislife:20151028153424j:plain

f:id:carislife:20151028153426j:plain

 

そして、トヨタ「MIRAI」に採用されている燃料電池技術を、レクサスのフラッグシップセダン用にチューニングし、インホイールモーターで前輪を駆動

 

新しい走りの提案もしている

 

▼レクサス LF-FC コンセプト インテリア 画像

f:id:carislife:20151028153427j:plain

f:id:carislife:20151028153420j:plain

f:id:carislife:20151028153428j:plain

 

現在レクサスには、ハイブリッド、自然吸気、ダウンサイジングターボのモデルがあるけれど、2年後には燃料電池車が用意される可能性も

 

次期LSは、上級ブランドであるレクサスのフラッグシップながら、挑戦的モデルになりそうだね