車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

切れ味鋭く!フェラーリ カリフォルニアT ハンドリング スペチアーレ 試乗動画

f:id:carislife:20160123155445j:plain

フェラーリがオープンエアモデル「カリフォルニアT」に新設定する、「ハンドリングスペチアーレ」を公開

 

エキゾーストノートの盛り上がりもアップ!

 

自然吸気エンジンのような高まる排気音に!シャープな走りを楽しむ フェラーリ カリフォルニアT ハンドリング スペチアーレ 

▼フェラーリ カリフォルニアT「ハンドリング スペチアーレ」画像

f:id:carislife:20160123155446j:plain

フェラーリ カリフォルニアT「ハンドリング スペチアーレ」概要

  • フェラーリのオープンスポーツ「カリフォルニアT」に新設定されるオプションパッケージ
  • コーナリング性能を強化するため、標準モデルより、フロント16%、リア19%ハードなサスペンションスプリングを採用
  • ギアボックスの見直しによりシフトチェンジを高速化
  • スポーティな排気音を奏でるマットブラックエンドパイプのエキゾースト
  • フロントグリルとリアディフューザーに新色「Grigio Ferro Met」を採用
  • インテリアに「Handling Speciale」のロゴプレートを追加

 

最大トルクを25.5kgmもアップするターボエンジンに変更され、「T」がついた新ネーム「カリフォルニアT」になった現行型 

カリフォルニアT スペック:フェラーリ カリフォルニアT ポイントはエンジン?

カリフォルニアT 試乗動画:ターボで70psUP!フェラーリ カリフォルニアT 試乗動画

 

新設定される「ハンドリングスペチアーレ」は、オープンエアモデルで重視されているラグジュアリーな走りを、大きくスポーツ寄りにするものだ

 

 

サスペンションスプリングは、フロント16%、リア19%固いものになり、快適性は若干ダウン

 

しかし、シフトチェンジ時間を短縮するギヤボックスなどにより、ワインディングを気持ちよく走ることができるように

 

ターボ化されたことで低音が響いていたエキゾーストノートは、NAエンジンのように回転があがるほどボリュームがでるようにチューニング

 

気持ちが盛り上がる排気音は、ファンにも喜ばれそうだね

 

 

外観の変化は少ないけれど、乗り味の方向性が大きく変わるカリフォルニアT ハンドリングスペチアーレ

オーナーさんの持っているカリフォルニアTのイメージで、感じる魅力の大きさが変わってくるんじゃないかな

 

▼フェラーリ カリフォルニアT「ハンドリング スペチアーレ」試乗動画