読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

359馬力!新型4ATスポーツハイブリッド搭載!レクサス LC500h 発表

f:id:carislife:20160215202318j:plain

【日本仕様はこちら】

477馬力 旗艦クーペ!レクサス新型 LC500 / LC500h 日本発売 価格1300万円~

 

レクサスが、フラッグシップクーペ「LC」のハイブリッドモデル「LC500h」を発表

 

4ATを追加した新型ハイブリッドシステムで、乗り味大幅変化!

 

4ATでモーターをさらに有効活用する マルチステージハイブリッド 搭載!レクサス LC500h 

▼レクサス LC500h 動画

▼レクサス LC500h エクステリア 画像 

f:id:carislife:20160218194121j:plain

f:id:carislife:20160215202321j:plain

f:id:carislife:20160215202347j:plain

レクサス LC500h 概要・スペック

  • レクサスのフラッグシップクーペとしてガソリンモデルが発表されている「LC」のハイブリッドモデル
  • 2017年春発売
  • 新開発ハイブリッドシステム「レクサス マルチステージハイブリッドシステム」を搭載
スペック
  • 全長×全幅×全高:4760×1920×1345mm
  • ホイールベース:2870mm
  • パワートレイン:V型6気筒 3.5L + 新設計軽量モーター×2
    「マルチステージハイブリッド」
    マルチステージハイブリッドシステムは、これまでレクサスブランドのFR車に搭載されていた「2段変速式リダクション機構付THS-II」を改良したシステム。
    低速域と高速域の両方に対応する2段変速式リダクション機構、プラネタリーギヤはそのまま、システムに4速ATを追加。
    このシステムを採用することにより、エンジンと2個のモーターを自在に制御し、1つを発電専用としていた従来のTHS-IIとは違い、2個のモーターを走行に使用することが可能
  • システム最高出力:359ps
  • ミッション:CVT
  • 軽量化したモーター、レクサスブランド初のリチウムイオンバッテリー採用により、4速ATを追加してもハイブリッドシステムの重量は、2段変速式リダクション機構付のTHS-IIと同等
  • マニュアル感覚の操作が楽しめる「Mモード」をレクサスとして初採用
  • 0-100km/h加速:5秒未満

【関連記事はこちら】

レーシングカー:RC Fからスイッチ!レクサス GAZOO Racing LC500 GT500マシン公開 

 

トヨタの上級車ブランド レクサスの最上級クーペとして、1月に発表されている「LC」

レクサス LC500 スペック:5L V8搭載!レクサス LC 500 カーボン+シングルクラッチ10速ATで走りを進化

 

追加されるハイブリッドモデル「LC500h」は、これまでのシステムに4速ATを組み合わせた新型ハイブリッド「マルチステージハイブリッド」を搭載し、ハイブリッド車の走りを大幅に伸ばした

 

f:id:carislife:20160218194141j:plain

f:id:carislife:20160218194137j:plain

f:id:carislife:20160218194139j:plain

 

システム最高出力は359馬力と、事前に予想されていたものより低くなったけれど、ハイブリッドシステムに4ATを加えることで、モーターの使用範囲を広く

 

エンジンはより高回転で働くようにチューニングされた

 

▼レクサス LC500h インテリア 画像 

f:id:carislife:20160219082939j:plain

f:id:carislife:20160219082835j:plain

このシステム構成だと、電気自動車のようにモーターの大きいトルクを長く楽しめるようになり、これまでのレクサスハイブリッドとは、大きく乗り味が違ってくる

 

走りもセールスポイントにするハイブリッドクーペ、レクサスの上位にたつ1台として、興味深い新システムへのチャレンジになったんじゃないかな