車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ニュル最速マシン復活!700馬力 アポロ Apollo N 公開

f:id:carislife:20160305122401j:plain

ドイツのスーパーカーメーカー「アポロ」が、社名にもなったモデル「アポロ」の新モデル「アポロ N」を公開

 

アイデンティティの1台

 

ニュルブルクリンク ノルドシュライフェ 最速記録マシンが進化!新会社ラインナップ アポロN

▼アポロ Apollo N 画像

f:id:carislife:20160305122219j:plain

f:id:carislife:20160305122223j:plain

アポロ Apollo N 概要・スペック

  • 買収によりメーカー名を「グンペルト」から変更した、ドイツの「アポロ」が生産するモデル
  • グンペルト時代の2009年に、ニュルブルクリンク最速タイムを記録した「アポロ」を改良
  • FIAのレギュレーションに対応し、公道走行も可能
スペック
  • エンジン:V型8気筒 4.2L ツインターボ
  • 最高出力:700ps/6000rpm
  • 最大トルク:89.7kgm/4000rpm
  • ミッション:7速シーケンシャル
  • 車重:1200kg
  • 0-100km/h加速:3秒
  • 最高速度:360km/h
  • 新設計エアロパーツにより、空力性能を向上
  • タイヤ:Michelin製「Pilot Sport Cup 2」フロント19インチ、リア20インチ
  • AP Racing製ブレーキ
  • ノーズリフトシステムにより、フロントを40mmリフトアップ可能

 

破産後に買収され、社名を「アポロ」とした、ドイツ「グンペルト」が製造していた現在の社名にもなったモデル「アポロ」 

 

2009年には、当時ニュルブルクリンクノルドシュライフェで最速となる、7分11秒57を記録

 

独特のボリュームあるデザインも、販売が失敗したことによりなくなってしまいそうだったけれど、新会社は進化させて復活させた

 

f:id:carislife:20160305122220j:plain

 

新会社のラインナップとして発表されている「アロー」より、最高出力は300ps低いものの、0-100km/h加速タイムの違いは0.1秒と小さく、最高速度も同じ360km/h

アポロ アロー スペック:1000馬力 V8ターボ搭載!グンペルト改め アポロ アロー 公開

 

100kgほど軽い車重に、アップデートされたエアロや足回りなどで、現在でもトップクラスの速さを持つモデルになった

f:id:carislife:20160305122221j:plain

もう一度販売に挑戦するアポロ 

 

新会社成功のためにも重要な一台になるので、リベンジをはたしてほしいね