読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

新主力エンジンは1.5Lターボ!VW EA211 TSI EVO 発表

f:id:carislife:20160429154245j:plain

フォルクスワーゲンが今後主力とするガソリンエンジン「EA211 TSI EVO」を発表 

 

排気量アップで、効率もアップ!

 

131馬力と150馬力の2種類!可変ジオメトリーターボでエンジンを管理する EA211 TSI エボ 

▼フォルクスワーゲン 直列4気筒1.5Lターボエンジン「EA211 TSI EVO」

f:id:carislife:20160429154248j:plain

フォルクスワーゲン 直列4気筒1.5Lターボエンジン「EA211 TSI EVO」概要・スペック

概要
  • 2016年後半から搭載を開始する新開発エンジン
  • これまでの直列4気筒 1.4Lターボエンジン「TSI」から約10%燃費を改善
  • 大量生産ガソリンエンジン初、「可変タービンジオメトリー(VTG)」ターボチャージャーを採用
スペック
  • 最高出力:130ps or 150ps
  • 最大トルク:20.5kgm
    最大トルクを1300rpmの低回転域から4500rpmまで幅広く出力
  • 圧縮比:12.5:1
  • ミラーサイクル、気筒休止機構、摩擦抵抗を低減する「APS」コートを採用

 【関連記事はこちら】

TSI EVO搭載車:デジタルメーター&半自動運転!VW 2017 ゴルフ / ゴルフヴァリアント 公開

燃費18.5km/L!VW 2016フルモデルチェンジ新型 トゥーラン 日本発売

全長65mm延長!フォルクスワーゲン 新型「up!」日本発売 試乗動画

 

フォルクスワーゲンの幅広い車種に搭載されてきた1.4Lターボ「TSI」エンジン

 

その後継となるのが、新発表された1.5Lターボ「EA211 TSI エボ」 

 

ダウンサイジングを見直し、排気量を100cc拡大している

 

f:id:carislife:20160429154246j:plain

  

より幅広い回転域に対応する可変ジオメトリーターボによりアシストすることで、出力と燃費を両立

 

最大トルク20.5kgmを、1300rpmの低回転から出力

 

燃費は10%伸びた

 

f:id:carislife:20160429154247j:plain

 

コンパクトからミドルクラスの幅広い車種で、高出力エンジン、環境エンジンと様々な役割を担当するEA211 TSI エボ

 

大きくなった排気量で全域あがる乗り味は、プラスになるんじゃないかな