車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

航続距離レンジエクステンダーで511kmに!BMW 新型 i3 日本発売 価格499万円~

f:id:carislife:20160502200202j:plain

【新型はこちら】

186馬力 i3S 追加!BMW 新型 i3 マイナーチェンジ2017公開 2018年発売

 

BMWが、航続距離を大幅に伸ばした電気自動車「i3」の日本仕様を発表

 

実用性トップクラスのBMW電気自動車!

 

大容量バッテリー採用 電気だけでも航続距離が大きくUP!BMW 2017年モデル 新型 i3

▼BMW i3 画像

f:id:carislife:20160502200207j:plain

f:id:carislife:20160502200203j:plain

BMW i3 概要・改良ポイント・価格

  • 駆動用バッテリーに新開発33kWh大容量リチウムイオンバッテリーを採用。
    室内スペースを損なわず、航続距離を70%アップした390kmに。
  • 発電専用の直列2気筒647cc「レンジ・エクステンダー」装備車は、121km航続距離を延長し511kmの走行が可能
  • 10月1日から開始する新サービス「ChargeNow(チャージナウ)」を12カ月無料でサービス。(急速充電のみ。普通充電は永久無料)
    カードを使うことで、国内最大の充電器ネットワーク「NCSネットワーク」の充電器が利用でき、チャデモ方式の急速充電では約45分でバッテリー容量の80%まで充電できる
  • ボディカラーに、BMW「i8」に設定されていた「プロトニック・ブルー」を追加
  • グレードに「アトリエ」と「ロッジ」を追加。
    「アトリエ」は、ダークな色合いのアラガツグレークロスシート、マットシルバーアンデサイトインテリアトリムを組み合わせ。
    「ロッジ」は、アース・カラーのアッシアレザー×カラムスパイスグレーウールのシートとユーカリ材を使ったインテリアトリムを組み合わせる
  • 歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、「アクティブ・クルーズ・コントロール」などをセットにした「ドライビング・アシスト・プラス」を装備に追加
  • 縦列駐車で自動的にステアリング操作を行なう「パーキング・アシスト」、駐車時に後方確認をサポートする「リア・ビュー・カメラ」などを備える「パーキング・サポート・パッケージ」を標準装備
  • 「ロッジ」、「スイート」グレードに、「LEDヘッドライト」を標準装備、「アトリエ」にオプション設定
  • 3年間メンテナンスなどを無償提供するパッケージ「BMW iサービス・インクルーシブ」を全車標準装備
BMW i3 価格
  • i3 アトリエ:499万円
  • i3 ロッジ:545万円
  • i3 スイート:560万円
  • レンジエクステンダー付きは+47万円

【関連記事はこちら】

BMW i5:BMW新型 電気自動車「i5」デザインが判明 2017年発売

i3 試乗動画 観音開きに自然素材の未来BMW

電気自動車 BMW i3 vs フォルクスワーゲン ポロGTI 対決試乗!

 

環境にも配慮したBMWの新ブランド「i」の一台として、プラグインハイブリッドスーパーカー「i8」と一緒にラインナップされている「i3」

 

新型では、容量を大幅にアップした新型バッテリーを搭載

 

航続距離を前型から70%もアップした390kmにした!

 

f:id:carislife:20160502200204j:plain

 

新型バッテリーは、これまで通り発電専用の647cc直列2気筒エンジンと組み合わせることも可能

 

そうすると、航続距離は最大511kmにもなるので、いざというときにガソリンを補充できることも考えると、電気自動車トップクラスの実用性をもっていると言えそう

f:id:carislife:20160502200205j:plain

そして、新しいサービス「ChargeNow」も開始

 

ChargeNowカードを使うことで、国内最大1万4000基の充電器ネットワーク「NCSネットワーク」が利用可能に

 

急速充電器は1年間、普通充電器は永久無料なので、利用幅が広がり、うまく使えばほとんど燃料代がかからないという人もいそうだね

 

 

航続距離を伸ばし、充電サービスも開始することで、電気自動車i3を使いやすくしたBMW

 

日産やテスラなど、電気自動車をラインナップしている他社と一緒に、電気自動車ユーザーの拡大に一役買いそう