読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

275馬力のルーテシア!ルノー クリオ RS16 コンセプト公開

ルノー

f:id:carislife:20160528143551j:plain

ルノーが、コンパクトカー「クリオ(日本名:ルーテシア)」をベースにしたハイパフォーマンスコンセプト「クリオ RS 16」を公開

 

世界最速のFFマシンに!?

 

メガーヌRSトロフィー 譲りの2Lターボエンジン!ルノー クリオ RS 16 コンセプト

▼ルノー クリオ RS 16 コンセプト 画像

f:id:carislife:20160528143555j:plain

f:id:carislife:20160528143552j:plain

ルノー クリオ RS 16 コンセプト 概要・スペック

概要
  • モータースポーツ部門「RenaultSport」が誕生40周年となることと、F1に復活参戦したことを記念し制作されたコンセプトモデル
  • 日本では「ルーテシア」として販売されている「クリオ」をベースに制作
  • 上位の「メガーヌ」に設定されたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ RS 275 トロフィーR」と同じ、最高出力275馬力を出力する2Lターボエンジンを搭載
  • 市販化を検討
スペック
  • エンジン:直列4気筒 2L ターボ
  • 最高出力:275ps
  • ミッション:6速マニュアル
  • 「クリオ カップ」のサーキットモデルに採用されている大型リアウイングを装備
  • 全幅を60mm拡大
  • 大型のフロントブレーキとフロントアクスルを採用
  • エンジンの大型化によるフロントの重量増を抑えるため、軽量ギヤボックスを組み合わせ
  • 専用サスペンション、大容量冷却システムを装備

【関連記事はこちら】

新型ルーテシア:新しさをプラス!ルノー 2017マイチェン新型 ルーテシア 発表

ルノー新型ルーテシア ゼンに燃費UP0.9Lエンジン5MT!価格208万円

 

日本名の「ルーテシア」で220馬力を出力する「ルーテシアRSトロフィー」も販売されているコンパクトカー「クリオ」

ルーテシアRSトロフィー スペック:20馬力UP!ルノー ルーテシア RS トロフィー 価格329万 試乗動画

 

発表されたのは、ホンダ「シビック タイプR」の前にニュルブルクリンクFF最速だった「メガーヌRS トロフィーR」にも積まれていた、275馬力の2Lターボエンジンを搭載するコンパクトモンスター「クリオ RS16 コンセプト」だ

メガーヌ RS トロフィー スペック:悩む必要なし!ルノーメガーヌRSトロフィ/S/Rがきた!

  

f:id:carislife:20160528143553j:plain

 

クリオRS16は、ルノーのモータースポーツ部門「ルノー・スポール」の40周年記念とF1復活参戦を記念して制作したにはサイズが小さいと感じるマシン

 

しかしそれを「あえて」とする大型リアウイング、全幅を60mm拡大するワイドフェンダーを装備することで説得力をアップ

 

ブレーキや足回り、冷却システムまでしっかり手を入れることで、走りだせば上位モデルのメガーヌで競っていたニュルFF最速タイムを更新しそうなマシンに仕上がった

 

f:id:carislife:20160528143554j:plain

 

市販化は、今年中盤に最終検討が行われるというクリオRS16

 

ルノー・スポールの歴史に残る、思い切りヤンチャな一台をぜひ出してほしいね