車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

燃費27.2km/L!ホンダ新型 フリード / フリードプラス 発売 価格188万円~

f:id:carislife:20160912120830j:plain

ホンダがコンパクトミニバン「フリード」「フリード プラス」のフルモデルチェンジを発表

 

「ちょうどいい」サイズのクルマが、とびきりの性能に

 

フリードスパイク は フリード プラスに!ハイブリッド4WDもラインナップ ホンダ 2016フルモデルチェンジ 新型 フリード / フリード+

▼ホンダ フリード / フリード プラス ガソリンモデル エクステリア 画像

f:id:carislife:20160916175418j:plain

▼ホンダ フリード / フリード プラス ハイブリッドモデル エクステリア 画像

f:id:carislife:20160916175417j:plain

ホンダ 新型 フリード / フリード+(プラス)概要・スペック・価格

  • フルモデルチェンジする5ナンバーサイズのミニバン
  • 通常の3列シートのほか、これまで「フリードスパイク」として販売されていた2列シート5人乗りモデルを、軽自動車「N-BOX+」と同じく「フリード+」いう名称でラインナップ
スペック
  • 全長×全幅×全高:4265×1695×1710mm
    4WD車は全高+25mm、フリード+のFF車は全長+30mm
  • ホイールベース:2740mm
  • パワートレイン(2種)
    ハイブリッド:直列4気筒 1.5L + 電気モーター ハイブリッド「SPORT HYBIRD i-DCD」
    ガソリン:直列4気筒 1.5L
  • トランスミッション
    ハイブリッド:7速DCT
    ガソリン:CVT
    7速DCTは7人乗車に対応するため、ギヤ比を低くセッティングしている
  • 駆動:FF or 4WD
  • 燃費:27.2km/L(ガソリンモデル19.0km/L)
その他 性能
  • ボディは、ハイテン材の使用率を30%から40%に高め、全体の剛性を22%、リアバンパーまわりのねじり剛性を28%向上
  • フロントスタビライザーの剛性を20%高め、リアサスペンションのトーションビーム形状を見直し単体でのねじり剛性を2倍に高めた
  • リアサスペンションは、動きの支点となるコンプライアンスブッシュに液封タイプを採用。
    力がかかり変形する際、ブッシュ内オイルが移動することにより減衰力が発生、乗り心地を改善
  • ステアリングギヤレシオを10%クイック化、ロールするときの重心高を8mm低減
  • ハイブリッド車はブレーキペダルにリンク機構を追加し、ブレーキ操作時の感覚的なずれを緩和
  • 2列目キャプテンシートは前後スライドを従来型の240mmから360mmに。
    シート間隔が1列目で50mm、2列目で20mm拡大
  • フリード+はラゲッジスペースを2WD車で185mm低床化し、荷室容量を拡大
    ラゲッジスペースを上下に2分割するユーティリティボードを全車標準装備
  • インテリアでは、フロントウィンドウの上側を広げ、ドライバー席からの見上げ角を拡大。最前列での信号待ちで信号機が確認しやすく
  • メーターパネルとヒーターコントロールパネルの照明色を6色から選択できるように。
    エアコンは温度設定を高める操作をしたときに赤く発光、温度を下げる操作をしたときに青く発光するアンサーバック機能を採用
  • オプション設定されるホンダ インターナビはApple「CarPlay」に対応
  • 安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を設定。
    また、道路に設置された複数の信号予定情報などを使い、「信号通過支援」「赤信号減速支援」「発進遅れ防止支援」といった情報を画面表示する「信号情報活用運転支援システム」を、ホンダ インターナビの追加機能として用意
ホンダ フリード / フリード+ 価格
  • フリード:188万円~272万8200円
  • フリード+:190万円~274万8200円

▼ホンダ フリード 公式サイト

【関連記事はこちら】

改良:ホンダ新型フリードハイブリッド モデューロX最新情報!発売日は12月、価格や燃費は?

 

フルモデルチェンジした、大きすぎないサイズが人気のホンダ「フリード」と「フリード+」

 

新型では、主力コンパクトカー「フィット」に似た、ホンダ共通のデザインを採用

フィット:新フロントグリル採用!ホンダ 新型 フィット / フィットハイブリッド

 

1.5Lハイブリッドシステムも同様のものになり、燃費の最高値は、発売後「プリウス」「アクア」と一緒に販売台数ランキング上位を守り続けるライバル、トヨタ「シエンタ」の27.2km/Lと同じになった

シエンタ:燃費27.2km/L 7人乗りハイブリッド!トヨタ新型 シエンタ 試乗動画

   

f:id:carislife:20160916175421j:plain

f:id:carislife:20160916175343j:plain

f:id:carislife:20160916175345j:plain

 

前型では外観のデザインが違ったフリードとフリードプラスは、基本統一に

 

少ない違いは、リアゲートにバンパーが一体化され、大きく開くようになっているのがフリードプラスだ 

f:id:carislife:20160916175419j:plain

f:id:carislife:20160916175420j:plain

 

フリードは、3列目シートの収納に左右への跳ね上げ式を採用し、ラゲッジスペースを広く

 

f:id:carislife:20160916175346j:plain

f:id:carislife:20160916175347j:plain

 

3列目シートがないフリードプラスでは、リアゲートが広く開くことで、ラゲッジスペースが縦にも大きく

 

f:id:carislife:20160916175349j:plain

2列目シートを収納すれば、人気になっている車中泊もこなせるようになっている

 

f:id:carislife:20160916175350j:plain

f:id:carislife:20160916175351j:plain

 

インテリアには、このサイズでは珍しい木目調パネルを大胆につかうなど、バリエーションを用意

 

f:id:carislife:20160916175352j:plain

f:id:carislife:20160916175353j:plain

f:id:carislife:20160916175354j:plain

 

エアコンは、手探りで操作したときの確認が色合いの変化ででき、純正のホンダインターナビはAppleの「CarPlay」に対応、スマホとの連携もしやすくなっている

 

f:id:carislife:20160916175355j:plain

f:id:carislife:20160916175356j:plain

 

安全システムは、パッケージ化されているホンダセンシングのほか、道路システムの信号情報も利用でき、一歩進んだ内容になった

 

f:id:carislife:20160916175357j:plain

  

ホンダのコンパクトカーを盛り上げるため、気合の入ったモデルになったフリードとフリードプラス

 

ディーラーでの販売にもかなりちからが入っているとのことなので、ライバルであるトヨタ シエンタと比較すると、お得に手に入れられることが多くなりそう

 

▼ホンダ フリード 試乗動画