車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

次期型マツダ ロードスターは2021年以降に!カーボンでさらに軽く

f:id:carislife:20160808091013j:plain

新型になり、評判をアップしているマツダのライトウェイトスポーツ「ロードスター」次期型の最新情報

 

もっと軽く!

 

軽い車体で、走行効率をアップ!マツダ 2021年 次期型 ロードスター 

f:id:carislife:20160808091014j:plain

Next-Generation Mazda MX-5 Miata Could Use Carbon-Fiber to Get Even Lighter – News – Car and Driver | Car and Driver Blog

マツダ 2021年 次期型 ロードスター 最新情報

  • 現行型ロードスターの開発を担当した山本主査の語るところによると、次期型ロードスターは早くて2021年に発表
  • サイズは現行型がベストと考えており、維持
  • 量産により価格が下がると考えられるカーボンファイバーを使い、さらに軽量化
  • 軽量化される車体にあわせ、3気筒エンジン、小型のタイヤ、ブレーキなどを使うことも検討、さらに軽く
  • 市販化が期待されていたロードスターのコンセプトモデル「スピードスター」「スパイダー」を市販する予定はない

 

フルモデルチェンジし前型から大幅に軽量化、新しいスタイル「RF」の日本導入も控えている現行型マツダ「ロードスター」 

ロードスター: 車重990kg!マツダ新型ND ロードスター 価格249万 燃費18.8km/L

ロードスターRF: 12秒で開閉するハードトップ!マツダ ND型 ロードスター RF 日本発売は2Lで11月

 

次期型では、量産化がすすんでおり環境、走行性能進化への貢献が期待されているカーボン素材に注目していると、現行型の開発を担当した山本主査は語っている

 

車体を軽くすることで、エンジンや駆動システムも小型に

 

さらなる軽量化につなげていくことを狙っているとのこと

 

 

期待されていた「スピードスター」「スパイダー」に市販化の予定はなく、現在ラインナップされているソフトトップとRFに注力するロードスター

スピードスター&スパイダー:これは!マツダ ロードスター「スピードスター」「スパイダー」を公開!

 

次期型ロードスターの進化は、素材の価格ダウンがどれほど進むかが重要になりそう