読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

1.5Lターボ、ハイブリッド採用!ホンダ 5代目新型 CR-V 公開

f:id:carislife:20161014142535j:plain

ホンダが、5代目としてフルモデルチェンジするSUV「CR-V」を公開

 

充実の小排気量ターボとハイブリッド!

 

ホンダ初のオートシャッターグリルと、液封ブッシュサスペンションも!ホンダ フルモデルチェンジ新型 CR-V

▼ホンダ CR-V エクステリア 画像

f:id:carislife:20161014142545j:plain

f:id:carislife:20161014142536j:plain

f:id:carislife:20161014142538j:plain

ホンダ CR-V 概要・スペック

  • 5代目としてフルモデルチェンジするクロスオーバーSUV
  • これまで搭載していた2.4L直噴DOHC i-VTECエンジンに加え、190馬力を発生する1.5L直噴ターボエンジンを採用
  • 独自変速制御を採用し、コンパクトSUVクラストップの燃費性能を実現
  • 2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載し、力強い走行性能と優れた環境性能を両立した「CR-V HYBRID」も2017年後半中国で発売予定
スペック
  • トランスミッション:CVT
    独自変速制御「G-Design Shift」を採用
  • サスペンションは、フロントに液封コンプライアンスブッシュ採用のストラット式、リアをマルチリンク式とし、上質な乗り心地に
  • ホンダ初のオートシャッターグリルを採用
  • フロントデザインにウイング形状LEDポジショニングランプなどを使ってアグレッシブさ表現
  • 室内空間は、リアシートの足下スペースを2.1インチ(約5.3cm)延長
  • カーナビはGarminと共同開発。
    Apple「CarPlay」、Google「Android Auto」に対応
  • 安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載。
    アダプティブ・クルーズ・コントロールに、新たに渋滞追従機能を追加
パワートレインラインナップ
  • 直列4気筒 1.5L ガソリンターボ
    最高出力:190ps/5600rpm
    最大トルク:24.8kgm/2000-5000rpm
  • 直列4気筒 2.4L ガソリン
    最高出力:184ps/6400rpm
    最大トルク:24.9kgm/3900rpm

 

ホンダがアメリカで展開する上級ブランド「アキュラ」のような表情になった、新型「CR-V」

 

トピックは、ミニバン「ステップワゴン」や、今後日本にも導入される予定の新型「シビック」などに搭載されている1.5Lターボエンジンの採用

ステップワゴン:装備一気に充実!ホンダ 2016新型 ステップワゴン / ステップワゴンスパーダ 価格229万円~ 

シビック:ホンダ新型 シビック セダン発表!1.5Lダウンサイジングターボ搭載!

 

このエンジンは、ステップワゴンのものより出力が40ps/4.1kgmも強化され、CR-Vで定番になってきた2.4Lエンジンと同等以上の出力を発揮 

  

f:id:carislife:20161014142540j:plain

 

独自制御「G-Design Shift」も採用されたCVTと組み合わせ、室内空間拡大のためにホイールベースが40mm延長された新型CR-Vを、低回転からパワフルに

 

環境性能では、ホンダ初のオートシャッターグリルも採用し、エコにする

 

f:id:carislife:20161014142539j:plain

 

SUVでも要求が高まっている乗り心地では、フロントは前型と同じストラット式ながら液封ブッシュを採用

 

リアはダブルウィッシュボーンからマルチリンク式になり、動きがしなやかになっている

 

f:id:carislife:20161014142542j:plain

▼ホンダ CR-V インテリア 画像

f:id:carislife:20161014142546j:plain

f:id:carislife:20161014142547j:plain

f:id:carislife:20161014142548j:plain

 

前型は日本ではマイナーチェンジなしで販売終了になってしまったけれど、維持費が安い1.5Lターボでもう一度となりそう

 

日本で人気があるハイブリッドモデルが用意されることも発表され、CR-Vの存在感を復活させる5世代目になる可能性も高そう