読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

限界グリップ&耐久性UP!ファルケン「アゼニス RT615K+」2月発売

f:id:carislife:20170103111820j:plain

ファルケンが、ハイグリップスポーツタイヤの新モデル「アゼニス RT615K+」を発表

 

全域のパフォーマンスにプラスで、扱いやすく速く!

 

幅広い領域でタイムを稼ぐ新モデル!ファルケン AZENIS RT615K+

f:id:carislife:20170103112608j:plain

ファルケン AZENIS RT615K+ 概要・改良ポイント・サイズ・価格

  • 「AZENIS RT615K」をベースに、モータースポーツの技術を採用し性能を向上
  • 2月発売
  • 新添加剤の採用のほか、ポリマーのスチレン量を増加させた高スチレン化により、走り始めから素早く発熱することで最大のグリップ力を発揮
  • 高分子量ポリマーの採用により、グリップ性能と耐摩耗性能という背反する2つの性能をバランスよく向上し、連続したタイムアタックで安定した周回が可能
  • パターンはランド比を広く設定することで接地面積を拡大し、強力なドライグリップを実現
  • ショルダー部のブロック剛性を高めることでコーナリンググリップを向上
  • ショルダー部をラウンド形状にすることでコーナリングの時にアウトサイドに負荷を集中しにくくし、限界グリップを向上
サイズ・価格
  • サイズ:215/45 R17 87W~275/35 R18 95W
  • 全9サイズ
  • 価格:オープン

【関連記事はこちら】

FALKEN ZIEX ZE914で転がり抵抗27%減!

 

ファルケンのラインナップの中でもっともスポーツ志向のタイヤとしてラインナップされていた「AZENIS RT615K」 

 

新型「アゼニス RT615Kプラス」は、その後継として性能を高めたモデルだ

 

 

アゼニス RT615Kプラスは、新しい添加剤や高スチレン化により発熱にかかる時間を短縮し、走り始めから扱いやすく

 

グリップと引き換えに落ちやすい耐摩耗性能も、高分子量ポリマーを採用することで1ランク上のバランスに引き上げ

 

パターンやタイヤ構造も、コーナーでの切りはじめのシッカリ感と、高負荷域での安心感をプラスしたものになった

 

 

性能を上げることで、安定して速くしたアゼニス RT615Kプラス

 

これまでよりもう一段階安定して踏み込んでいけるモデルに感じられそうだね