読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

2.2Lディーゼル採用クーペSUV!三菱 新型「エクリプス クロス」3月発表

三菱 2017最新新型車情報

f:id:carislife:20170214175408j:plain

2/14:正式発表された「エクリプス クロス」という名称に改め、公式画像を追加しました。

 

三菱が、新型のコンパクトクーペSUV「エクリプス クロス」を3月のジュネーブモーターショーで発表することを予告し、ティザーサイトを公開 

 

大胆なデザインに、走りも気持ちいい豪華なつくりに!

 

2.2Lディーゼルに、リアサスペンションはマルチリンク式!三菱 新型 エクリプス クロス

▼三菱 エクリプス クロス ティザー画像

f:id:carislife:20170214175409j:plain

f:id:carislife:20170214175410j:plain

f:id:carislife:20170125144901j:plain

f:id:carislife:20170214175411j:plain

三菱 新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」概要・スペック

  • 3月のジュネーブモーターショーでの公開を予告したSUV
  • 「RVR」と「アウトランダー」の間に追加されるクーペSUVに
  • 車名はクーペSUVであることから、1989年から米国で販売して好評を博したスペシャリティクーペに採用した「エクリプス」という名前と、クロスオーバーの略である「クロス」を組み合わせ。
  • 「エクリプス」は天文現象である「日食」を意味する英語。
    スタイリッシュなクーペと機動力が高いSUVを融合させた躍動感のある美しいフォルムは、皆既日食の直前あるいは直後に観測されるダイヤモンドリングと同様、人々の心を刺激して高揚させ、新開発の高彩度レッドは、皆既日食の際に観測されるプロミネンスと同様、鮮明な印象を与えるという想いも込めてネーミング
  • プラットフォームは「アウトランダーPHEV」に使用したものを短縮し使用
  • 2015年に発表されていた「XR-PHEV II Concept」を取り入れたデザインに
スペック
  • エンジン(2種)
    直列4気筒 1.5L ガソリンターボ
    直列4気筒 2.2L ディーゼルターボ
  • トランスミッション:CVT or 6速MT
  • 駆動:FF or 4WD「S-AWC」
  • リアサスペンションに、マルチリンク式を採用

公式サイト:2017年ジュネーブ国際モーターショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

 

さまざまな問題の発覚、開発失敗などの影響で、近年ほとんど新型車を発表できずにいた三菱

 

そこにやっと…!となるのが、3月のジュネーブモーターショーでの公開が予告されたクーペ型のSUVだ

 

▼三菱 新型「エクリプス クロス」プロトタイプ 画像

f:id:carislife:20170125144904j:plain

f:id:carislife:20170125144903j:plain

 

ヨーロッパメディアにはプロトタイプが公開されており、モデル名は、以前海外で大人気になった三菱のFFスポーツクーペの名前を使用し「エクリプス クロス」になるという新型SUV

 

デザインは2015年に発表された「XR-PHEV IIコンセプト」のものを進化させ、大胆かつクールに

XR-PHEV II: 三菱自動車 次期RVR XR-PHEV II Concept 公開

 

プラットフォームには、プラグインハイブリッドSUV「アウトランダーPHEV」の短縮版を使用

 

リアサスペンションは、コストがかかることからコンパクトサイズでは珍しいマルチリンク式に

 

1.5Lガソリンと2.2Lディーゼルエンジン、4WD「S-AWC」が組み合わせられ、クラスをこえた仕上がりになると言われている

 

 

海外でもブランド力がある得意のSUVで、質の高さを武器に攻める三菱の新型SUV

 

日産の後ろ盾を得たけれど、三菱の早期復活のためにとても重要なモデルだ