車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

次期型は前輪駆動&サイズ拡大!BMW新型「1シリーズ」2018年後半公開

f:id:carislife:20170416132031j:plain

BMWがフルモデルチェンジを計画しているコンパクトカー「1シリーズ」を開発中

 

次期型は使いやすさ重視で販売拡大! 

 

FFで室内を大きく!新型 BMW 1シリーズ ハッチバック

▼BMW 次期型 1シリーズ イメージ画像

f:id:carislife:20170213152651j:plain

▼BMW 次期型 1シリーズ テスト車 画像

f:id:carislife:20170416132032j:plain

f:id:carislife:20170416132033j:plain

BMW 1シリーズ ハッチバック 概要・スペック

  • 2018年後半に公開、2019年モデルとしてフルモデルチェンジ予定
  • 3ドアと5ドアを用意し、サイズを若干拡大
  • 「2シリーズアクティブツアラー」や「X1」に採用されているFFプラットフォームを採用し、前輪駆動に
  • 先にFFプラットフォームで開発されている中国専用「1シリーズセダン」同様の新デザインを採用
パワートレイン ラインナップ
  • 直列3気筒 1.5L ターボ
  • 直列4気筒 2L ターボ
  • 8速AT、4WD「xDrive」を設定

 

2015年に現行型の表情へフェイスリフトを発表、新型エンジンなども採用しながら、BMWで一番小さいモデルとして販売されている「1シリーズ」

現行型1シリーズ:2Lエンジンで出力UP!BMW 新型 120i / 220iクーペ 日本発売 価格418万円~

  

2018年後半に予定されている新型は、BMWの新世代デザインを採用するほか、大きく内部も変更される

 

▼現行型 BMW 1シリーズ 画像

f:id:carislife:20170213152653j:plain

 

新型1シリーズハッチバックは、昨年、中国市場専用として発表された「1シリーズセダン」と同様に、ミニバン「2シリーズアクティブツアラー」やSUV「X1」に採用されているFFレイアウトのプラットフォームを採用

 

コンパクトカーで唯一だったFRレイアウトを廃止し、サイズアップする車体とあわせ、室内空間を大きく拡大する

 

▼中国市場向け BMW 1シリーズセダン 画像

f:id:carislife:20170213152652j:plain

後輪駆動で走りを楽しめるコンパクトハッチバックからイメージをかえるBMW1シリーズ

 

残念と感じる人も多そうだけど、販売の中心になっているヨーロッパでは現行型を前輪駆動と思っているユーザーが多いというBMWの調査結果もあるので、使いやすさアップは販売にプラスになっていきそう

 

▼BMW 次期型 1シリーズ プロトタイプ 動画

写真提供 Spyer7