読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

初の量産市販ランボルギーニ!1964年「350GT」フルレストア 公開

f:id:carislife:20170214152743j:plain

ランボルギーニが、ブランド最初期の量産車「350GT」をフルレストア

 

美しさを引き出す修復

 

蘇ったランボルギーニのグランツーリスモ!350GT

▼ランボルギーニ 350GT レストアモデル 画像

f:id:carislife:20170214152747j:plain

f:id:carislife:20170214152746j:plain

ランボルギーニ 350GT レストアモデル 概要

  • 2015年春にランボルギーニに新設されたレストア部門「ポロストリコ(PoloStorico)」がレストアを担当
  • 「350GT」の最初に生産された15台のうちの1台をレストア
  • ボディとインテリアに1150時間、さらに780時間をパワートレインや電気システムの修復に費やした
  • エンジンは冷却、燃料システムなどを再加工
  • インテリアのレザーは当時の手法を再現

 

昨年、名車「ミウラSV」をレストアしていたランボルギーニ

ミウラSV:45年ぶりの復活!ランボルギーニ 1971年式 ミウラSV フルレストア 公開

 

今回は、1962年のランボルギーニ設立の翌年にプロトタイプ「350GTV」を公開、1964年に初の量産市販車になった「350GT」を修復した

 

f:id:carislife:20170214152745j:plain

 

レストアでは、5速マニュアルトランスミッションと組み合わせ、270馬力を出力していたV型12気筒3.5Lエンジンを再加工し、最高のクオリティに

 

アルミボディやホイールなどのエクステリアも、当時の資料をもとに入念にチェック

 

f:id:carislife:20170214152748j:plain

 

ウッドステアリングホイールやオリジナルのアクセル、クラッチ、ブレーキペダルは、歴史がわかるように細かな摩耗は残した状態に

 

搭載されていたラジオも完全に動作するようになっている 

 

f:id:carislife:20170214152754j:plain

f:id:carislife:20170214152752j:plain

f:id:carislife:20170214152753j:plain

f:id:carislife:20170214152755j:plain

 

ブランドの始まりがわかるランボルギーニ350GT

 

ラグジュアリーなクラシックランボルギーニにも惹かれるね