読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

車重800kg&400馬力!ダラーラついに公道対応スポーツカー開発 2017年中公開

f:id:carislife:20170430095057j:plain

イタリアのレーシングコンストラクタ「ダラーラ」が、公道走行に対応するスポーツカーを開発中

 

コンパクトな車体に速さを凝縮!

 

世界トップレースの技術を公道へ!ダラーラ 新型スポーツカー

▼ダラーラ 新型スポーツカー 開発車 画像

f:id:carislife:20170430095053j:plain

f:id:carislife:20170430095055j:plain

ダラーラ 新型スポーツカー 概要・スペック

  • イタリアのレーシングコンストラクタ「ダラーラ」が開発している公道対応モデル
  • プロトタイプレーシングマシンをイメージさせるデザイン、大型のリアウイング、ディフューザーなどで空力性能を向上
  • 2017年中の公開を予定
予定スペック
  • エンジン:直列4気筒2.3Lターボ(フォード製エンジンを独自チューニング)
  • 最高出力:400ps
  • トランスミッション:6速MT
  • 駆動:MR
  • 車重:800kg
  • 大型ウィンドウを採用したキャノピーを装備

 

F1やインディカーのほか、日本ではスーパーフォーミュラにも車体を供給し、世界でもトップクラスの知名度を持つイタリアのレーシングコンストラクタ「ダラーラ」

 

公道対応モデルではKTMが製造した「X-Bow」の開発にも協力していたが、自社開発となるのが現在テストが行われている新型スポーツカーだ

X-Bow:KTM X-Bow GT vs ポルシェ ボクスタースパイダー ドラッグレース動画

 

 

ダラーラの新モデルは、これまでのレースでの空力設計での経験を活かしたボディやエアロパーツを採用

 

大型のキャノピーを特徴とし、効率的な強度設計がされる車体は800kgを開発目標として開発

 

リアに搭載されるエンジンは、「フォーカスRS」や「マスタング」にも搭載されるフォード製直列4気筒2.3Lターボエンジンをチューニングすることで400馬力に仕上げる

 

f:id:carislife:20170430095056j:plain

f:id:carislife:20170430095054j:plain

 

電制システムを搭載せず、6速マニュアルトランスミッションを組み合わせることで、レーシングカー譲りの完成度をサーキットから公道まで楽しめるダラーラのマシン

 

その走り味に期待するファンも多いモデルだね

 

写真提供 Spyer7