読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

快適とスポーツを融合!コンチネンタル 「PremiumContact 6」7月1日発売

f:id:carislife:20170519131903j:plain

コンチネンタルは、新型タイヤ「PremiumContact 6」の日本導入を発表

 

乗り心地に楽しさも

 

タイプの違う2モデルの性能を1つに!コンチネンタル「PremiumContact 6」

f:id:carislife:20170519131914j:plain

f:id:carislife:20170519131918j:plain

コンチネンタル「PremiumContact 6」概要・改良ポイント・サイズ

  • 快適性や環境性に加え、高いスポーツ性能を兼ね備えたコンフォートタイヤ
  • 7月1日発売
  • 大ヒットした「ContiPremiumContact 5」と「ContiSportContact 5」の後継モデルとして開発
改良ポイント
  • ベースとキャップのシリカ配合率を高めたコンパウンド「クリスタル・シリカ・コンポジション」により、ウェットブレーキ性能を維持しつつ、ハンドリング、転がり抵抗、静粛性、耐摩耗性を高次元でバランス化
  • 静粛性とスムースな走行を持続する新トレッドパターン「スムース・スティフネス・パターン」を採用
  • 新型ポリマー「ワンダー・ウェア・ポリマー」により路面接地面積を最大化
  • 「SportContact 6」にも採用される「アドバンスド・マクロブロック・デザイン」を採用。幅広いアウターショルダーブロックが横方向の剛性を高め、放射状に柔軟性を持たせた形状が大きな接地面積を確保
コンチネンタル「PremiumContact 6」サイズ
  • 205/50 R17~255/55 R19

 

今年始めにノイズを極限まで抑えた「ComfortContact CC6」の日本導入も発表していたコンチネンタルタイヤ

ComfortContact CC6:3つの技術でノイズを小さく!コンチネンタル「ComfortContact CC6」日本導入

 

新モデルの「PremiumContact 6」は、高い快適性を持っていた「ContiPremiumContact 5」とハンドリング性能を高めた「ContiSportContact 5」という2モデルの後継として開発

 

新コンパウンド「クリスタル・シリカ・コンポジション」により、さまざまな性能を高いバランスに引き上げ

 

f:id:carislife:20170519131907j:plain

f:id:carislife:20170519131910j:plain

 

新型のトレッドパターン「スムース・スティフネス・パターン」で、静粛性を高め、滑らかな走り味に

 

f:id:carislife:20170519131922j:plain

 

スポーツ用としてラインナップしている「SportContact 6」から、横への剛性をアップする幅広いアウターショルダーブロックや、大きな接地面積を確保する技術が採用されている

 

f:id:carislife:20170519131925j:plain

 

「快適性はもちろん、気持ちのいい走りも大事」という人に向けた贅沢なモデルになった「PremiumContact 6」

 

気になる人が多くなりそうなモデルだね