車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

新型「アイサイト」搭載!スバル「WRX S4」D型 2017マイナーチェンジ 新型 7月3日発表

f:id:carislife:20170605135106j:plain

スバルが、スポーツセダン「WRX S4」のマイナーチェンジを予告

 

質感をアップ

 

STI 譲りの新デザイン!スバル マイナーチェンジ新型 WRX S4

▼スバル WRX S4 搭載「アイサイトツーリングアシスト」画像・動画

f:id:carislife:20170605135109j:plain

スバル WRX S4 D型 改良ポイント

  • 7月3日発表、8月7日発売
  • 新デザインを採用
  • 安全システム「アイサイト」をバージョンアップし、「アイサイトver4」から「アイサイトツーリングアシスト」に名称を変更。
    ・オートクルーズとレーンキープアシストの設定上限が135km/hにアップ
    ・渋滞時追従支援機能追加
    ・全車速アクティブレーンキープが全車速対応
    ・後方自動ブレーキを搭載
    ・時速0km/h~時速約120km/hで、アクセル/ブレーキ/ステアリング操作を自動制御する「ツーリングアシスト」
  • オプション「アドバンスドセイフティパッケージ」を「アイサイト アシストセイフティプラス」に変更。
    ・ハイロー自動切換え
    ・スバルリアビークルディテクション
    ・サイドビューモニター
    ・フロントビューモニター
    ・スマートリアビューミラーを搭載
  • 前後ショックアブソーバーの減衰力見直し、リアスタビライザーのサイズ変更により、乗り心地を向上
  • 吸音材の使用部位拡大、ガラス板厚アップなどにより騒音を軽減
  • 摩擦係数を高めた新開発ブレーキパッドにより制動力を20%アップし、少ない踏力で止まれるように
  • インテリアでシルバーパーツの造形を変更し、よりシャープなデザインに
  • インパネセンターパネル形状を変更し、8インチ大型ナビに対応
  • 5.9インチTFT液晶マルチファンクションディスプレイを採用

公式サイト:アイサイトは、次のステージへ | SUBARU

【関連記事はこちら】

S207味のWRX S4!スバル 新型 WRX S4 tS 価格496万8000円 試乗動画 

  

前回の改良では、マニュアルトランスミッションの「WRX STI」と一緒に小規模な変更が行われていた自動変速モデル「WRX S4」

前の改良:上質なセダンに!スバル 2016新型 C型 WRX S4 / WRX STI 発表 価格334万円

 

今回のD型への改良では、先日WRX STIの改良が発表されていることから、基礎部分を共有するワゴン「レヴォーグ」と同時の改良に

新型WRX STI:完全電制式4WDに!スバル 新型「WRX STI」D型 日本発売 価格386万6400円~

新型レヴォーグ:デザイン変更!スバル「レヴォーグ」D型 2017マイナーチェンジ 新型 7月3日発表 価格282万9600円~

 

 

改良内容は、WRX STI譲りの新型デザインのほかはレヴォーグと同様になり、バージョンアップにあわせて名称を変更する安全システム「アイサイト ツーリングアシスト」を搭載

 

システム対応速度が拡大するほか、後方自動ブレーキやフロントビューモニターも採用

 


走行性能では、前後ショックアブソーバーの減衰力を最適化し、リアスタビライザーのサイズも変えることで走りの質感をアップ

 

吸音材の増加、ガラス板厚アップによりノイズを低減し、大型ナビに対応することで室内空間の快適性をあげる

 

  

関連性の高いWRX STI、レヴォーグと同時期の改良になるWRX S4

 

相乗効果は、ユーザー拡大にもプラスになっていきそうだね

 

▼スバル アイサイトツーリングアシスト 試乗動画

▼スバル アイサイトツーリングアシスト 技術解説 動画