車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

7台のみWRCグループBマシン!マツダ SA22C サバンナ RX-7 Evo Group.B オークション出品

f:id:carislife:20170808140706j:plain

オークションハウス「RMサザビーズ」は、初代マツダ「RX-7」をベースにしたWRCグループBマシン「SA22C サバンナ RX-7 Evo Group.B」をオークションに出品することを発表

 

希少すぎるワイルドなロータリーロケット!

 

13Bロータリーエンジン搭載!マツダ SA22C サバンナ RX-7 Evo Group.B

▼マツダ SA22C サバンナ RX-7 Evo Group.B 画像

f:id:carislife:20170808140729j:plain

f:id:carislife:20170808140720j:plain

f:id:carislife:20170808140733j:plain

▼マツダ SA22C サバンナ RX-7 Evo Group.B 動画

マツダ SA22C サバンナ RX-7 Evo Group.B 概要・スペック

  • WRCグループB参戦のために、7台のみが製作されたSA22C型初代「RX-7」をベースにしたマシン
  • 写真のマシンは、9月にロンドンで開催されるRMサザビーズによるオークションに出品
スペック
  • 全長×全幅:4310×1611mm
  • ホイールベース:2420mm
  • エンジン:ロータリー 2気筒 654cc×2「13B」
  • 最高出力:300ps以上
  • 最大トルク:27.0kgm
  • 車重:960kg
  • 駆動:FR

【関連記事はこちら】

伝説のスパ24時間耐久レース!サバンナRX-7 SA22C 試乗動画 

 

市販車をベースにした大幅な改造を許可し1980年代に開催、過激なラリーマシンがトップを競っていたWRCグループBカテゴリ

 

今回オークション出品が発表されたマシンは、マツダがグループB参戦のためにロータリーマシンSA22型初代「サバンナ RX-7」をベースに製作

 

f:id:carislife:20170808140709j:plain

 

20台が生産される予定だったが、安全性を考慮しグループBが突然廃止されたため、完成したのは7台のみ

 

その中でもオークションにかけられるマシンは、一度もラリーで走行することができないままベルギーのラリーチームの倉庫で眠ったあと、コレクターの手に渡った超レアマシン

  

f:id:carislife:20170808140723j:plain

f:id:carislife:20170808140726j:plain

f:id:carislife:20170808140752j:plain

f:id:carislife:20170808140748j:plain

 

エンジンは、SA22C RX-7に主に搭載されていた12A型573ccロータリーではなく、海外仕様に用意され、日本では2代目FC型から搭載された13B型654ccロータリーをチューンし採用

 

f:id:carislife:20170808140712j:plain

f:id:carislife:20170808140802j:plain

 

最高出力は300ps以上、駆動方式は後輪駆動のままになっていることで、960kgの軽い車体を振り回して走るマシンになっている

 

f:id:carislife:20170808140716j:plain

f:id:carislife:20170808140736j:plain

f:id:carislife:20170808140739j:plain

f:id:carislife:20170808140742j:plain

f:id:carislife:20170808140745j:plain

f:id:carislife:20170808140755j:plain

 

WRCグループBマシンでは、唯一の完全オリジナル&未走行となることで、世界のグループB、ロータリーファンから最注目の1台となるサバンナ RX-7 Evo Group.B

 

落札価格もかなりのものになりそう