車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

1090馬力6.5Lターボ化!Posaidon メルセデスAMG E63S W212 カスタム公開

f:id:carislife:20170813125235j:plain

ドイツのチューナー「ポサイドン」は、メルセデス・ベンツ「AMG E63S」のチューニングモデル「E63 RS 850+」を公開

 

ハイパーカーを凌ぐ大パワー!  

 

大排気量V8ターボを拡大!ポサイドン E63 RS 850+

▼Posaidon E63 RS 850+ 画像

f:id:carislife:20170813125238j:plain

Posaidon メルセデス・ベンツ AMG E63 S(W212)「E63 RS 850+」概要・スペック

  • ドイツのチューナー「ポサイドン」が手がけたW212型「AMG E63S」のチューニングモデル
  • 850馬力、920馬力用のパワーキットもラインナップ
スペック(括弧内はベースモデル比較)
  • エンジン:V型8気筒6.5Lツインターボ
    排気量+1.0L、大容量インタークーラー、ECUリマッピング、ブーストアップ
  • 最高出力:1090ps(+505ps)
  • 最大トルク:137.7kgm(+56.2kgm)
  • トランスミッション:7速AT
    大トルクに対応するため強化し、制御を見直し
  • 駆動:4WD
  • 専用スポーツエキゾーストシステム
  • スピードメーターを320km/hから380km/hスケールに変更

 

現行型「W213型」では、ダウンサイジングにあわせ、気筒休止システムも採用した新型V型8気筒4Lターボエンジンを搭載したメルセデスAMGのハイパフォーマンスセダン「E63S」

現行型E63S:612馬力&新4WD!メルセデスAMG 新型「E63 S 4MATIC+」2017日本発売 価格1774万円 試乗動画

 

しかしドイツのチューナー「ポサイドン」は、ハイパワーのためにV型8気筒5.5Lターボエンジンを積んでいた前型「W212型」をあえてチョイス、カスタムした「E63 RS 850+」を公開

 

f:id:carislife:20170813125241j:plain

f:id:carislife:20170813125248j:plain

f:id:carislife:20170813125245j:plain

 

エンジンは大台の1000馬力を超えるために、排気量を1L拡大し6.5Lに

 

出力は、ベースモデルから505ps/56.2kgmとスーパースポーツ1台分をプラスした、1090ps/137.7kgmにまでアップ!

 

f:id:carislife:20170813125251j:plain

 

その大トルクを受け止める7速オートマチックトランスミッションは強度をあげ、制御を最適化

 

4WDで加速するマシンの動力性能は公開されていないが、ベースモデルで最高320km/hだったスピードメーターは380km/hスケールに変更されている

 

f:id:carislife:20170813125302j:plain

f:id:carislife:20170813125255j:plain

f:id:carislife:20170813125305j:plain

f:id:carislife:20170813125258j:plain

 

1001馬力を出力し、次期型「シロン」が公開された後もハイパーカーのベンチマークになっているブガッティ「ヴェイロン」よりも低価格で仕上げられると、ライバル心むき出しのポサイドン E63 RS 850+

 

850+というモデル名が控えめに感じるマシンだね