車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

「武の美」を表現!光岡自動車 新型 ヒミコ 乱<RAN> 4台限定発売 価格638万円

f:id:carislife:20170901143226j:plain

光岡自動車は、オープンスポーツ「ヒミコ」の限定モデル「ヒミコ 乱<RAN>」を発表

 

古き良き美しさを!

 

漆のような深みに!光岡自動車 ヒミコ 乱<RAN>

▼光岡自動車 ヒミコ 乱<RAN>エクステリア 画像

f:id:carislife:20170901143230j:plain

f:id:carislife:20170901143248j:plain

光岡自動車 ヒミコ 乱<RAN>概要・特別装備・価格

  • 光岡自動車のオープンスポーツ「ヒミコ」の新モデル
  • 4台限定発売
  • 三越日本橋本店が開催するイベント「GSJ PREMIUM WEEK ~Vol.2~」と連動し、2017年9月2日~3日、9日~10日の4日間、三越日本橋本店にて展示販売
特別装備
  • 日本古来の「武の美」をテーマとし、戦場を駆ける勇猛な騎馬さながらに特別なオーラを放つ専用ボディカラーに、日本の伝統色である「漆黒」と「藍鼠(あいねず)」の2色を用意。
    それぞれのルーフパネルとボディサイドには同じく日本の伝統色である「朱殷(しゅあん)」を組み合わせ
  • 「花吹雪」と名付けた1%未満の金色のフレークを塗布した技巧で、ボディ表面は重厚で奥深い、複雑な立体感を実現
  • 塗装工程では、色と色の境界にできる数ミクロンの塗り分け段差をなくしたり、塗膜全体を研磨して限りなく平滑にすることで、塗料を吹き付ける際に発生する不均一な塗装肌をなくし、漆のような艶と深みを追求
  • インテリアに、かつて織田信長が愛用した「片身替」をイメージした、漆黒と朱殷の半身ずつからなる「片身替」シートを採用
  • 金沢の純金箔をちりばめた専用インパネデコレーションパネル、七宝焼きラジエターグリルバッヂ、甲冑の一部を連想させるアルミホイールなど戦国時代の美意識を表現
スペック
  • 全長×全幅×全高:4575×1725×1270mm
  • ホイールベース:3030mm
  • エンジン:直列4気筒 2L
  • 最高出力:162ps/6700rpm
  • 最大トルク:19.3kgm/5000rpm
  • 車両重量:1280kg
光岡自動車 ヒミコ 乱<RAN>価格
  • 638万円

 

2015年に販売した15台限定モデルのあと、クラシカルなデザインの人気が高いイギリス市場へ「ミツオカ ロードスター」のモデル名で参入していた光岡自動車のオープンモデル「ヒミコ」

2015年モデル:481種類15台限定!光岡自動車 ヒミコ 2015年モデル 価格491万円から

 

ベース車となっている3代目NC型マツダ「ロードスター」のフルモデルチェンジ後も生産されていたが、今回4台の限定車「ヒミコ 乱<RAN>」を日本発売

 

甲冑などが持つ古来の「武の美」からインスピレーションを得て、塗装工程は光岡自動車の職人の手によりミクロン単位の段差も許さない漆のような艶に仕上げ

 

ボディカラーはブラックの「漆黒」とグレーの「藍鼠」2色に、レッド「朱殷」をあわせた2トーンとし、絶妙な金色のフレークをプラスすることで奥深い色に

 

エクステリアには、七宝焼きのグリルバッヂのほか、甲冑を連想するアルミホイールを装備

 

f:id:carislife:20170901143318j:plain

f:id:carislife:20170901143325j:plain

f:id:carislife:20170901143238j:plain

 

シートは織田信長が愛用した「片身替」をデザインし、インパネには金沢の純金箔を使用した専用デコレーションパネルを採用した

 

▼光岡自動車 ヒミコ 乱<RAN>インテリア 画像 

f:id:carislife:20170901143252j:plain

f:id:carislife:20170901143255j:plain

f:id:carislife:20170901143301j:plain

f:id:carislife:20170901143309j:plain

f:id:carislife:20170901143314j:plain

f:id:carislife:20170901143321j:plain

 

勇ましく美しい愛馬となるヒミコRAN

 

展示販売されることで、目を奪われる人も多くなりそう