車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

三菱 新型ミラージュ フルモデルチェンジ最新情報!発売日、価格、スペックは?

f:id:carislife:20171213090237j:plain

三菱がコンパクトカーとして販売しているミラージュのフルモデルチェンジを計画しているとの情報が入ってきました。

 

日産ルノーグループ傘下となり、最新技術が投入される新型ミラージュについて、スペックや価格、発売日など最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次 

 

三菱 新型ミラージュへフルモデルチェンジ!人気モデルの技術を採用!

f:id:carislife:20171213090846j:plain

三菱自動車がコンパクトカーであるミラージュのフルモデルチェンジに向け、開発を進めています。

 

ミラージュはグローバルで販売される三菱の主力モデルとなっており、2015年には新しいデザインに変更されていました。

 

▼前の改良

燃費25.4km/L スポーティ&上質!三菱 新型 ミラージュ 日本発表

 

新型ミラージュでは、同グループになった日産のコンパクトカー「マーチ(海外名:マイクラ)」と同じプラットフォームを使用することで、性能が引き上げられます。

 

【最新情報】三菱 新型ミラージュの外装(エクステリア)デザインは?予想CG入手!

▼新型ミラージュの予想CG

f:id:carislife:20171213090849j:plain

f:id:carislife:20171213090853j:plain

フルモデルチェンジする新型ミラージュの外装デザインの予想CGを入手しました。

 

CGでは三菱のブランドデザインである「ダイナミックシールド」を使用した、迫力あるスタイルになっていますが、現行モデルのデザイン変更時には同デザインコンセプトの導入は見送られていたため、市販型に使用されるかはまだ未知数になっています。

 

新型ミラージュは、海外で全面改良を受け、車格をあげていた日産マーチ(海外名:マイクラ)をベースにすることでボディサイズが拡大すると考えられています。

 

▼日産マイクラ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929184356.jpg

新しくなった日産マーチはボディサイズが大きくなったことで日本へは導入されていませんが、新型ミラージュは三菱のモデルラインナップ充実のために販売されることになると予想されます。

 

▼参考:日産マイクラのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3999×1743×1455mm
    (日本現行モデルから全長+174mm、全幅+77mm、全高-55mm)
  • ホイールベース:2525mm
    (日本現行モデルから75mm拡大)

 

▼日産マイクラ

フランス生産0.9Lターボ搭載!日産 マーチ フルモデルチェンジ新型 試乗動画

 

三菱 新型ミラージュの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

  • 日産マイクラと同じプラットフォームを採用
  • 最新の0.9Lターボエンジンを搭載し、燃費を向上
  • 電気自動車バージョンを設定

 

三菱 新型ミラージュのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20171213093210j:plain

▼三菱 新型ミラージュのエンジンとスペック

  • 直列3気筒 0.9L ターボ
    出力:90ps/14.3kgm(オーバーブーストにより+1.0kgm)
  • 直列3気筒 1L 自然吸気
    出力:73ps/9.7kgm
  • 直列4気筒 1.5L ディーゼルターボ
    出力:90ps/22.4kgm

三菱 新型ミラージュには、全面改良を受けている日産マイクラに搭載されたのと同じ、3気筒と4気筒のエンジンが用意されると見られています。

 

このうち0.9Lターボエンジンは、ルノーのスーパーコンパクト「トゥインゴ」や共同開発されたスマート「フォーツー」「フォーフォー」などにも使用されている最新エンジンで、高い燃費性能と大きなトルクを兼ね備えています。

 

新型ミラージュでは、1Lの自然吸気エンジンをベースに上位に0.9Lターボ、1.5Lディーゼルターボが設定されることになります。

 

▼ルノー・トゥインゴ

燃費21.7km/L!ルノー 新型 トゥインゴ はキャンバストップも用意!9月15日日本発売 価格189万円から

▼スマート・フォーツー/フォーフォー

小さい!スマート 新型 Fortwo/Forfour 価格199万円~ 試乗動画

 

三菱 新型ミラージュの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

三菱 新型ミラージュは、日産マイクラと同じパワートレインが搭載されることから同等の燃費になると考えられます。

 

▼三菱 新型ミラージュの燃費(予想)

  • 0.9Lターボ:4.6L/100km(約21.7km/L)
  • 1L自然吸気:4.4L/100km(約22.7km/L)
  • 1.5Lディーゼルターボ:3.7L/100km(約27.0km/L)

新型ミラージュの燃費は、現行モデルの1.2LエンジンのJC08モード燃費25.4km/Lと比較するとダウンしていますが、日本検査値では同等、もしくは若干のダウンに抑えられると考えられます。

 

1.5Lの小排気量ディーゼルエンジンは高燃費になっているため、高環境モデルとしての導入も検討されることになりそうです。

 

三菱 新型ミラージュのプラットフォームは?

▼ルノー日産「コモン・モジュール・ファミリー」画像

f:id:carislife:20171213100511j:plain

三菱 新型ミラージュには、ルノー・日産グループが開発した最新プラットフォーム「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」が使用されます。

 

CMFは、プラットフォームを「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の4つにわけ、「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されます。

 

これにより、セグメント(車格)ごとに設計されていたプラットフォームを、部分的に共通化することが可能になり、コンパクトカーから上級セダン、SUVまで幅広く対応し、コストを下げることが可能になっています。

 

新型ミラージュは価格も魅力になるコンパクトカーで専用のプラットフォームを用意することが難しいため、ルノー日産のCMFの導入が決定されました。

 

三菱 新型ミラージュの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

新型ミラージュの価格は、最新技術の採用などにより現行モデルから10万円ほどのアップになると考えられます。

 

▼新型ミラージュの価格(予想)

  • 約150万円~

現行のミラージュの価格は138万240円と148万5000円の2グレード構成となっていますが、新型では上位グレード同等とすることで選びやすさを維持すると予想されます。

 

三菱 新型ミラージュの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

三菱 新型ミラージュの発売日は、2019年になると予想されています。

 

ミラージュは2015年に新しい表情になっていましたが、現行モデルは2012年から販売されコンパクトカーではロングライフとなっているため、フルモデルチェンジが急がれることになります。

 

三菱ミラージュを「おさらい」

▼初代ミラージュ  

Mitsubishi-Mirage1600GT

三菱ミラージュ(MIRAGE)は、初代が1978年に登場したコンパクトカーです。

 

車名は、フランス語で神秘、英語で蜃気楼を意味しています。

 

三菱初のFF車として発売され、軽快な走りとスポーティなデザインがアピールポイントになりました。

 

▼4代目ミラージュ

Mitsubishi Colt front 20071015

4代目ではホンダのVTECに対抗した可変バルブタイミング・リフト機構「MIVEC」を搭載したテンロク(1600cc)エンジンにより175馬力を出力し、走りも話題に。

 

5代目が2000年に販売を終了したあとは一度姿を消していましたが、現行モデルの6代目が2012年に世界戦略車として復活。

 

車格を前モデルのCセグメントからAセグメントまで下げ、低価格と乗りやすさが魅力のコンパクトカーとして販売されています。

 

新型ミラージュについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!