車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ルノー新型メガーヌRS最新情報】フルモデルチェンジ日本発売日、スペックや価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195615.jpg

ルノーが、ハイパフォーマンスFFスポーツであるメガーヌRSのフルモデルチェンジ日本発売を控えています。

 

全面改良によりスペックを伸ばしたルノー新型メガーヌRSについて、発売日や価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】ルノー新型メガーヌRSが日本発売へ!

▼ルノー新型メガーヌRSの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195630.jpg

ルノーが、人気のスポーツモデルであるメガーヌRSの日本導入を控えています。

 

メガーヌRSは、先にフルモデルチェンジし日本に導入されているルノーの主力モデルのメガーヌに、モータースポーツ部門ルノー・スポールが手がけたハイパフォーマンスモデルとして用意されています。

 

前モデルでは、ホンダ・シビックタイプRとニュルブルクリンクFF駆動モデル最速タイムを競っていました。

 

限定車として、日本販売も繰り返し行われていた前モデルに続き、新型メガーヌRSのパフォーマンスも注目されています。

 

▼ルノー・メガーヌ(ベースモデル)

4輪操舵!ルノー 新型 メガーヌ / メガーヌスポーツツアラー フルモデルチェンジ2017 日本発売 価格263万円~

 

ルノー新型メガーヌRSの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型メガーヌRSの変更点

  • 前モデルから200cc排気量を縮小しながらも出力をアップした、最新1.8Lターボエンジンを搭載
  • 4輪操舵システム「4CONTROL」を搭載することで、コーナリング性能を向上
  • 最新の7速デュアルクラッチトランスミッションを設定
  • さらなるハイスペックモデルとなるメガーヌRSトロフィーも用意

 

ルノー新型メガーヌRSの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195640.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195634.jpg

ルノー新型メガーヌの外装は、エアロパーツなどにより専用のスポーツデザインに仕上げられています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195624.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195620.jpg

ベースモデルから幅が拡大された車体は特徴となっており、ワイド&ローなスタイルに変更されています。

 

これはトレッド(左右輪幅)が拡大されたことによるもので、ブリスターフェンダーを採用することでタイヤを車体内に収めています。

 

ルノー新型メガーヌRSをベースモデルと比較!

▼ルノー新型メガーヌ(ベースモデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171004/20171004144227.jpg

f:id:carislife:20180122114551j:plain

ルノー新型メガーヌRSをベースモデルと比較すると、デザインの変更点がわかりやすくなります。

 

新型メガーヌRSのフロントバンパーには、ポジションランプ、フォグランプ、コーナリングランプとして機能するチェッカーフラッグをモチーフにした「R.S.ビジョン」を装備。

 

リアはセンター出しの大型マフラーに変更され、伝統のスポーツスタイルも取り入れられています。

 

ルノー新型メガーヌRSのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195654.jpg

▼ルノー新型メガーヌRSのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4395×1860×1420mm
  • ホイールベース:2670mm
  • 参考
    ・メガーヌ(ベースモデル)
     全長×全幅×全高:4395×1815×1435mm
     ホイールベース:2670mm

ルノー新型メガーヌRSのボディサイズは、より高い走行性能を持つために全幅が拡大されます。

 

これはトレッドをフロントで60mm、リアで45mm拡大したことによるもので、専用フェンダーが装着されます。

 

ルノー新型メガーヌRSの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195647.jpg

ルノー新型メガーヌRSの内装は、新世代になっているベースモデルからスポーティに変更されています。

 

メーターには7インチフルカラーTFTディスプレイが使用され、7インチマルチファンクションタッチスクリーンやマルチメディアシステム「R-Link2」も装備。

 

7インチタッチスクリーンから、走行モードや車内の環境をカスタマイズできる「ルノー マルチセンス」を操作することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180122135602j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195651.jpg

シートは専用のスポーツタイプに変更し、メガーヌ ルノー・スポールを表す「R.S.」のアクセントもプラスされます。

 

ルノー新型メガーヌRSのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180122140230j:plain

▼ルノー新型メガーヌRSのエンジンとスペック

  • エンジン:直列4気筒1.8Lターボ
  • 最高出力:280ps
  • 最大トルク:39.8kgm
  • トランスミッション:パドルシフト付き7速デュアルクラッチ or 6速MT
  • 駆動方式:FF

ルノー新型メガーヌRSのエンジンには、ルノー・スポールが手がけた最新の1.8Lターボエンジンが搭載されています。

 

この1.8Lエンジンは前モデルから200cc排気量を縮小していますが、出力は7ps/3.1kgmアップ。出力を300ps/40.8kgmにあげたメガーヌR.S.トロフィーも後から追加される予定です。

 

トランスミッションには6速マニュアルのほか、前モデルから1速多段化された7速デュアルクラッチ式を用意。パドルシフトの操作でごく短時間でシフトチェンジを終了し、ダイレクトな走りを楽しむことができるようになっています。

 

新型メガーヌRSではこのパワートレインに加えて、リアホイールステアリングシステム「4Control」を搭載することで、後輪を最大2.7度操舵。300馬力を超えるライバルも圧倒するとされる高速度のコーナリングを実現。

 

LSDとスポーツサスペンションを装備することで、高いグリップ力が実現されています。

 

メガーヌRSに搭載される1.8Lエンジンと7速デュアルクラッチ式トランスミッションのパワートレインは、ルノーのプレミアムスポーツラインとして復活したアルピーヌA110にも搭載されています。

 

▼アルピーヌA110

名車復活!アルピーヌ新型A110最新情報!日本発売日は2018年夏 スペック、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171207/20171207095742.jpg

 

ルノー新型メガーヌRSの走行性能を試乗動画で確認!

ルノー新型メガーヌRSは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

動画からは、セールスポイントになるコーナリングでの高いパフォーマンスを見ることができます。

 

ルノー新型メガーヌRSの安全装備は?

f:id:carislife:20180122141623j:plain

ルノー新型メガーヌRSの安全装備には、12個のセンサー、2つのカメラ、ミリ波レーダーで車両の周囲360°の情報を解析する最新システムが採用されています。

 

これにより、衝突や車線逸脱を防止するほか、駐車可能なスペースを検出し自動でステアリング操作を行い縦列駐車や車庫入れをサポートする「イージーパーキングアシスト」も利用できるようになっています。

 

▼ルノー新型メガーヌRSの安全装備

  • イージーパーキングアシスト
  • エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)
  • SDW(Safety Distance Warning)車間距離警報
  • パーキングセンサー+リアカメラ
  • LDW(Lane Departure Warning)車線逸脱警報
  • BSW(Blind Spot Warning)後側方車両検知警報
  • オートハイ/ロービーム
  • ヒルスタートアシスト
  • 運転席・助手席エアバッグ+前席サイドエアバッグ+カーテンエアバッグ

 

ルノー新型メガーヌRSの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型メガーヌRSの価格

  • 3万7600ユーロ(約510万円)

ルノー新型メガーヌRSの価格は、欧州で約510万円と発表されました。

 

この価格設定は、420万円ほどの価格で複数回限定導入されていた前モデルのベースグレードや、コンポジットスプリングやアルカンターラシートを装備していた最上級メガーヌRSトロフィーRの499万円からも高価な設定になりました。

 

ルノーは、出力を300ps/40.8kgmにまであげたさらなるハイスペックモデル新型メガーヌR.Sトロフィーの発売も予定しています。

 

ルノー新型メガーヌRSの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ルノー新型メガーヌRSは、欧州で2月から受注が開始されることが発表されました。

 

日本発売日は2018年6月が予定されています。

 

発売後は下位モデルのルーテシアRSとあわせ、ルノーのスポーツモデルがアピールされます。

 

▼ルノー・ルーテシアRS

最低価格23万円ダウン!ルノー新型「ルーテシアRS」マイナーチェンジ2017 試乗動画

 

ルノー・メガーヌを「おさらい」

▼ルノー・メガーヌ(初代)

Renaultmegane

ルノー・メガーヌ(Megane) は、1995年に初代が登場したCセグメントの乗用車です。

 

ルノーの主力車種として、これまで5ドアのハッチバックやワゴンのボディタイプのほか、2ドアクーペ、4ドアセダン、2ドアカブリオレなども設定されました。

 

スポーツモデルとしてフォルクスワーゲン・ゴルフGTIなどをライバルとするメガーヌ ルノー・スポール(RS)は、2002年に登場した2代目から設定されその走りが人気に。

 

2008年に登場した3代目のメガーヌRSでは、 セアト・レオンクプラやホンダ・シビックタイプRとドイツ・ニュルブルクリンクでのFF駆動車最速タイムを競い、一時最速記録も樹立。

 

タイムアタックモデルと同型の2Lエンジンを搭載したメガーヌRSは、 日本にも限定導入され短期間で完売。

 

複数回限定販売された後、2017年4月に最終モデルとなるメガーヌR.S.ファイナルエディションが販売されていました。

 

新型ルノー・メガーヌRSについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!