車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

より上質!【BMW新型7シリーズ最新情報】マイナーチェンジ発売日やディーゼル、燃費、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160213/20160213085649.jpg

BMWがフラッグシップセダン7シリーズのマイナーチェンジに向け、開発を進行しています。

 

ライバルに対抗するため、性能を伸ばすBMW新型7シリーズについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】BMW新型7シリーズがビッグマイナーチェンジ!スクープ画像を撮影!

▼BMW新型7シリーズのテスト車のスクープ画像

f:id:carislife:20180206121316j:plain

BMWが、7シリーズのマイナーチェンジを予定し開発を進行しています。

 

BMW7シリーズは、ブランドのフラッグシップサルーンとしてラインナップされ、最新鋭の装備や最上級の素材などを特徴としています。

 

新型7シリーズでは、ライバルのアウディA8がフルモデルチェンジ、メルセデス・ベンツSクラスがマイナーチェンジされたことに対抗して魅力をアップします。

 

▼アウディA8

48Vハイブリッド搭載!アウディ新型 A8 / A8L フルモデルチェンジ!

▼メルセデス・ベンツSクラス

新型V8搭載!メルセデスベンツ 新型 Sクラス マイナーチェンジ2017 日本発売 価格1128万円~

 

BMW新型7シリーズの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型7シリーズの変更点

  • 新デザインのエクステリアにより、外観をリフレッシュ
  • プラグインハイブリッド「740e iPerformance」をアップデートし出力を向上
  • 内装に、デジタルメーターを含む最新システムを搭載
  • 安全装備にレベル3の半自律運転システムを採用

 

BMW新型7シリーズの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180206122733j:plain

f:id:carislife:20180206122742j:plain

BMW新型7シリーズの外装は、最新のスクープ画像で変更点をみることができます。

 

マイナーチェンジでは小規模なデザイン変更となることが多いですが、プロトタイプ車両は、フルモデルチェンジに近い大きなカモフラージュが採用されており、デザインの変更が大掛かりなものになることがわかっています。

 

f:id:carislife:20180206122739j:plain

新型7シリーズはビッグマイナーチェンジにより、ヘッドライトやテールライト内のグラフィックだけではなく、形状も変更。

 

キドニーグリルやエアダクト、ツインエキゾーストパイプなども再設計されます。

 

BMW新型7シリーズを現行モデルと比較!

▼BMW7シリーズ(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150611/20150611201548.jpg

BMW新型7シリーズを現行モデルと比較すると、バンパーの形状変更などがわかります。

 

BMW7シリーズは運転を任せるショーファードリブンではなく、オーナーが運転を楽しむオーナードリブン、ドライバーズカー要素が大事にされていますが、BMWは新しくフラッグシップクーペの8シリーズのラインナップを計画しているため、新型7シリーズではより上質さが追求されます。

 

▼BMW8シリーズ

【BMW新型8シリーズ最新情報】最上級クーペ/カブリオレ復活!発売日や価格、スペックにBMW M8は?

 

BMW新型7シリーズのボディサイズは?

f:id:carislife:20180206122736j:plain

▼BMW新型7シリーズのボディサイズ

  • 7シリーズ(標準ボディ)
    全長×全幅×全高:5110×1900×1480mm
    ホイールベース:3070mm
  • 7シリーズLi(ロングホイールベース)
    全長×全幅×全高:5250×1900×1485mm
    ホイールベース:3210mm

BMW新型7シリーズのボディサイズは、標準ボディとロングホイールベースの「Li」の2タイプが設定されます。

 

ロングホイールベースモデルでは全長が140mm延長され、後席の空間が拡大されます。

 

BMW新型7シリーズの内装(インテリア)デザイン

▼BMW新型7シリーズのスクープ画像

f:id:carislife:20180312094419j:plain

f:id:carislife:20180312094422j:plain

▼BMW8シリーズの内装

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170526/20170526132313.jpg

BMW新型7シリーズの内装はスクープ画像から、フラッグシップクーペとして復活する8シリーズにも採用される最新のデジタルクラスターが装備されることがわかっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170526/20170526132345.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170526/20170526132328.jpg

デジタルクラスターは「Live Cockpit(ライブコックピット)」と呼ばれ、デジタルメーターとワイドディスプレイインフォテインメントシステムを採用。

 

2つのディスプレイを使用し、ナビゲーションや車両情報をみやすい位置に表示することが可能になっています。

 

BMW新型7シリーズのパワートレインとスペックは?

▼BMW製直列6気筒3Lクアッドターボディーゼルエンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160517/20160517212308.jpg

▼BMW新型7シリーズのパワートレインとスペック

  • 【740i】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    出力:326ps/45.9kgm
  • 【750i】
    V型8気筒4Lガソリンターボ
    出力:450ps/66.3kgm
  • 【740d】
    直列6気筒3Lディーゼルクアッドターボ
    出力:320ps/69.3kgm
  • 【M760】
    V型12気筒6.6Lガソリン
    出力:610ps/81.6kgm
  • 【740e iPerformance】【改良】
    直列4気筒2Lツインターボ+モータープラグインハイブリッド
    システム出力:390ps/51.0kgm
    EV航続距離:60km
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動:FR or 4WD「xDrive」

BMW新型7シリーズには、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドと、多彩なパワートレインが搭載されます。

 

このうち、プラグインハイブリッドモデルは電気モーターの改良により現在のシステム最高出力326psを390psまでアップさせ、EV航続距離も現在の42kmから60kmへ延長されます。

 

高い環境性能を持つモデルになるディーゼルモデルは、低圧用と高圧用のターボチャージャーを2基ずつ採用するクアッドターボとされ、低回転から高回転まで軽快な走りが可能に。

 

ハイパフォーマンスとされるM760には、最上級となるV型12気筒6.6Lエンジンが採用され、610ps/81.6kgmの高出力を発揮します。

 

BMW新型7シリーズの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼BMW新型7シリーズの燃費

  • 2Lプラグインハイブリッド:15.6km/L(ハイブリッドモード値)
  • 3Lガソリン:12.2km/L
  • 3Lディーゼル:15.4km/L
  • 4.4Lガソリン:9.8km/L
  • 6.6Lガソリン:7.6km/L

BMW新型7シリーズの燃費は、2Lプラグインハイブリッドモデルが最高燃費となり、ハイブリッド走行時は15.6km/L、充電電力を使用し電気モーターのみで60kmの走行も可能となります。

 

ディーゼルモデルはハイブリッドに迫る15.4km/Lの低燃費となっており、大トルクを活かして車体サイズの大きい7シリーズを軽快に加速させます。

 

BMW新型7シリーズの安全装備は?

f:id:carislife:20180206133221j:plain

BMW新型7シリーズには、自動運転車の技術「レベル3(条件付自動運転)」に相当する安全システムが搭載される予定です。

 

現行モデルの7シリーズでは、「レベル2(部分自動運転)」に相当するステアリングアシスト付きのアダプティブクルーズコントロールを含む「ドライビング・アシスト・プラス」が採用されていました。

 

レベル3安全システムでは、中央分離帯で車道が分けられている道路にて、60km/hほどの低速域での運転をシステムに任せることができるようになります。

 

レベル3自動運転技術は、7シリーズのライバルであるアウディ「A8」が全面改良で世界初採用しており、BMWも対抗することになります。

  

BMW新型7シリーズの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

BMW新型7シリーズの価格は、新世代デジタルクラスターやレベル3安全システムの採用により現行モデルからアップすることになります。

 

アップ幅は50万円ほどになるとみられ、ラインナップの設定価格が全体的にあがることになります。

 

▼参考:BMW7シリーズの価格(現行モデル)

標準ボディ

  • 740e iPerformance:10,930,000円
  • 740e iPerformance Executive:12,870,000円
  • 740e iPerformance Excellence:13,590,000円
  • 740e iPerformance M Sport:13,100,000円
  • 740i Excellence:14,240,000円
  • 740i M Sport:13,740,000円
  • 740d xDrive Executive:14,260,000円
  • 740d xDrive Excellence:14,980,000円
  • 740d xDrive M Sport:14,480,000円
  • 750i Excellence:16,220,000円
  • 750i M Sport:16,140,000円

ロングホイールベース

  • 740Li Excellence:15,700,000円
  • 740Li M Sport:15,230,000円
  • 740Ld xDrive Executive:15,680,000円
  • 740Ld xDrive Excellence:16,440,000円
  • 740Ld xDrive M Sport:15,970,000円
  • 750Li Excellence:17,920,000円
  • 750Li M Sport:17,840,000円
  • M760Li xDrive:25,200,000円
  • M760Li xDrive V12 Excellence:25,200,000円

 

BMW新型7シリーズの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型7シリーズのマイナーチェンジは、2018年内が確定しており、時期は2018年秋が予定されています。

 

BMWは7シリーズの大幅改良モデルと、同格のクーペとなる8シリーズをラインナップすることで、ライバルとなるアウディやメルセデス・ベンツなどに対抗したい考えです。

 

BMW7シリーズを「おさらい」

▼BMW7シリーズ(初代)

BMW E23 front 20080127.jpg

BMW 7シリーズ(7Series)は、初代が1977年に登場したBMWのフラッグシップセダンです。

 

ライバル車には、メルセデス・ベンツSクラスやジャガーXJ、アウディA8、レクサスLSが設定されています。

 

ライバル車の多くが専従の運転手が操縦する「ショーファードリヴンカー」としてアピールする中、BMW7シリーズはオーナーがハンドルを握る車「オーナードリヴンカー」としての性能を強くセールスしています。

 

現行モデルとなる6代目は2015年に登場し、型式はG11が通常のホイールベース、G12がロングホイールベースとなっています。

 

BMWの高環境性能ブランドであるBMW iで採用されたカーボンを使用したボディ構造「カーボン・コア」により、前モデルから最大130kgと大幅に軽量化。

 

クルマから降り、外部からリモートキーを操作することで駐車できる世界初の「リモートパーキング」を搭載したことで話題になりました。

 

新型BMW7シリーズについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!