車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【日産新型エクストレイル最新情報】フルモデルチェンジ発売日や価格、スペック、e-POWERは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160911/20160911125440.jpg

日産が、ミドルクラスSUVとして販売しているエクストレイルのフルモデルチェンジを計画しています。

 

全面改良により性能を伸ばす新型エクストレイルについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】日産新型エクストレイルにフルモデルチェンジへ!

f:id:carislife:20180226113838j:plain

日産が、SUV「エクストレイル」のフルモデルチェンジを計画しています。

 

エクストレイルは、日産のミドルサイズクロスオーバーとしてタフギアをコンセプトに販売されている世界戦略車です。

 

フルモデルチェンジする新型エクストレイルでは、ブランドの人気パワートレインを搭載することで、走りと環境性能を両立することになります。

 

日産新型エクストレイルの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型エクストレイルの変更点

  • よりSUVとしての魅力を強調した新世代デザインを採用
  • パワートレインに、ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載
  • ガソリンエンジンモデルを廃止
  • 安全システムに部分自動運転技術「プロパイロット」を採用

 

日産新型エクストレイルの外装(エクステリア)デザイン

▼日産・エクストレイル(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170608/20170608185454.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160911/20160911125439.jpg

日産新型エクストレイルの外装は、2017年にマイナーチェンジを受けていたブランドデザインを進化させたものになります。

 

現行モデルのエクストレイルでは、日産のブランドデザインとなっている「Vモーション」のV字型グリルが大きくなり、バンパーまで広がることでちから強さを強調したものになっていました。

 

▼NISSAN Xmotion(クロスモーション)コンセプト

f:id:carislife:20180122090505j:plain

f:id:carislife:20180122090508j:plain

f:id:carislife:20180122090515j:plain

フルモデルチェンジする新型エクストレイルは、デトロイトモーターショー2018に出展されていたSUVコンセプト「Xmotion」の要素を取り入れたものに変更されます。

 

これにより、エクストレイルらしいタフさに、さらなる上質さを意識した加えたスタイルになります。

 

日産新型エクストレイルのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160911/20160911125442.jpg

日産新型エクストレイルのボディサイズは現行モデルに近いものとされ、日産のミドルクラスとしての使い勝手を維持するものとみられています。

 

しかし、ホイールベースは延長することで室内空間を拡大。

 

2列シート5人乗りのほか、3列シート7人乗りも用意されるレイアウトの快適性を向上します。

 

▼参考:日産エクストレイルのボディサイズ(現行モデル)

  • 全長×全幅×全高:4690×1820×1730mm
  • ホイールベース:2705mm
  • 最低地上高:205mm

 

日産新型エクストレイルの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180115101858j:plain

f:id:carislife:20180115101901j:plain

日産新型エクストレイルの内装は、タフギアとしての使い勝手と高い上質さを両立した仕上げになります。

 

シートレイアウトには、これまで通り2列シート5人乗りと3列シート7人乗りを設定。

 

f:id:carislife:20180115101906j:plain

シートなどのインテリア素材も選択可能とすることで、デザイン性も楽しむことができるようになります。

 

▼参考:日産エクストレイルの室内サイズ(現行モデル)

  • 室内長×室内幅×室内高:2005×1535×1270mm
  • 乗員:2列シート5人乗り、3列シート7人乗り

 

日産新型エクストレイルのパワートレインとスペックは?e-POWER搭載!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161102/20161102105313.jpg

▼日産新型エクストレイルのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:直列3気筒 1.2L「HR12DE」(発電用)+モーター
    モーター最高出力:109ps/3008-10000rpm
    モーター最大トルク:25.9kgm/0-3008rpm
    駆動:FF
  • 直列4気筒2Lガソリン+電気モーター
    エンジン出力:147ps/21.1kgm
    モーター出力:41ps/16.3kgm
    駆動:4WD

日産新型エクストレイルのパワートレインには、FFモデルにe-POWER、4WDモデルに1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステムが搭載されます。

 

e-POWERは、コンパクトカーのノートやミニバンのセレナに搭載され、エンジンを発電専用とすることで電気モーターの大きなトルクを活かした走行が可能になっています。

 

しかし、SUVのエクストレイルで期待される4WD駆動には対応していないことから、現行モデルに用意されている1モーター2クラッチで繊細な走りを可能にするハイブリッドシステムを設定。

 

ガソリンエンジンモデルは廃止となり、高い環境性能と電気モーターによる動力性能が魅力のSUVとしてアピールされることになります。

 

日産新型エクストレイルの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼日産新型エクストレイルの燃費(予想値)

  • e-POWERハイブリッド(FF駆動):25km/L
  • 2Lハイブリッド(4WD駆動):21km/L

日産新型エクストレイルの燃費は、ブランドの主力ハイブリッドパワートレインを搭載することで改善することになります。

 

現行モデルはFF駆動のエクストレイルハイブリッドで20.8km/Lとなっていますが、 e-POWERハイブリッドの搭載により25km/Lほどの燃費が見込まれています。

 

日産新型エクストレイルの安全装備は?

f:id:carislife:20180115104639j:plain

日産新型エクストレイルの安全装備には、2017年のマイナーチェンジで現行モデルにも搭載された一部自動運転技術プロパイロットが採用されます。

 

これにより、軽快な走りを楽しみながらも、長距離ドライブでは快適に過ごすこともできるようになります。

 

▼日産新型エクストレイルの安全装備

  • プロパイロット
  • 電動パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
  • 進入禁止標識検知
  • SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム

 

日産新型エクストレイルのプラットフォームは?

▼ルノー日産「コモン・モジュール・ファミリー」画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171213/20171213100511.jpg

日産新型エクストレイルには、ルノー・日産グループが開発した最新プラットフォーム「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」が使用されます。

 

CMFは、プラットフォームを「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の4つにわけ、「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されます。

 

これにより、セグメント(車格)ごとに設計されていたプラットフォームを、部分的に共通化することが可能になり、コンパクトカーから上級セダン、SUVまで幅広く対応し、コストを下げることが可能になっています。

 

日産新型エクストレイルの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型エクストレイルの価格(予想値)

  • e-POWER:240万円~
  • 2Lハイブリッド:280万円~

日産新型エクストレイルの価格は、安全システムのプロパイロットが全車標準装着となることから、現行モデルよりアップしたスタート価格になると考えられています。

 

現行モデルはガソリンFFのエントリーモデルが220万円でラインナップされていますが、新型エクストレイルはハイブリッド化により240万円ほどが見込まれています。

 

日産新型エクストレイルの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

日産新型エクストレイルの発売日は、2019年5月が予定されています。

 

新型エクストレイルe-POWERの追加により、日産がちからを入れている電動化パワートレインのラインナップを増やし、高い環境性能をアピールする予定です。

 

日産エクストレイルを「おさらい」

▼日産エクストレイル(初代)

f:id:carislife:20180115110217j:plain

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、初代が2000年に登場したミドルサイズのクロスオーバーSUVです。

 

初代は「4人が快適で楽しい、200万円の使える四駆」をコンセプトとし開発され、アウトドアなどで使用する道具「タフギア」をイメージしたデザインが採用されました。

 

世界的に販売されるグローバルモデルとなっており、トヨタ・RAV4やホンダCR-Vなどのライバル車と販売を競っています。

 

パワートレインは排気量2Lのエンジンを中心とし、欧州モデルにはディーゼルエンジンも設定。

 

3代目として2013年に登場した現行モデルでは、それまでの角を強調したデザインから上質さを意識したものに変更。

 

主力SUVとして、3列シート7人乗り、エクストレイルハイブリッド、先進安全システムプロパイロットなどを用意することで、人気モデルになっています。

 

新型日産エクストレイルについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!