車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型エスクァイア最新情報】フルモデルチェンジ!発売日や価格、サイズ、ハイブリッド燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150122.jpg

トヨタが「エスクァイア」のフルモデルチェンジに向けて、開発を進行しています。

 

最新世代となり魅力をアップするトヨタ新型エスクァイアについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】トヨタ新型エスクァイアにフルモデルチェンジへ!

f:id:carislife:20180604100352j:plain

トヨタがエスクァイアのフルモデルチェンジを計画しています。

 

トヨタ・エスクァイアは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、ヴォクシー、ノアと基礎を共有した主力ミニバンとなっています。

 

フルモデルチェンジする新型エスクァイアでは、プラットフォームやパワートレインを最新世代とすることで、使い勝手や燃費性能をアップします。

 

トヨタ新型エスクァイアの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型エスクァイアの変更点

  • トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー(TNGA)に対応した、最新パワートレインを搭載
  • 3ナンバーとなるエアロ仕様を新設定
  • TNGAプラットフォームを採用することで、室内空間を拡大しながら、運動性能を向上
  • 安全システムに第2世代トヨタセーフティセンスを搭載し、コネクティビティに対応した安全機能を提供
  • スポーツブランド「GR」モデルをラインナップ

 

トヨタ新型エスクァイアの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ・エスクァイア

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150126.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150131.jpg

トヨタ新型エスクァイアの外装は、兄弟車のノア、ヴォクシーより上級を意識したデザインとされます。

  

現行モデルにはノアとヴォクシーに設定されている全幅を拡大した3ナンバーボディは用意されていませんが、次期モデルではラインナップを強化するために新設定されるとみられています。

 

全体のボディラインは、最新プラットフォームによる走りの鋭さが感じられるスポーティな仕上げとすることで魅力をアップします。

 

トヨタ新型エスクァイアのボディサイズは?

f:id:carislife:20180604100843j:plain

トヨタ新型エスクァイアのボディサイズは、現行モデルと同じく5ナンバーサイズとされますが、エアロ仕様として全幅を拡大した3ナンバーボディが用意されます。

 

全高は最新プラットフォームの採用によりダウンすることも可能となりますが、ミニバンらしいスタイルを維持し、室内空間が最大限拡大されます。

 

▼参考:トヨタ・エスクァイアのボディサイズ(現行モデル)

  • 全長×全幅×全高
    標準仕様:4695×1695×1825mm(4WDは全高1865mm)
  • 車重
    ハイブリッド
    ・FF 1610kg
    ガソリン
    ・FF 1570kg、4WD 1650kg

 

トヨタ新型エスクァイアの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180604101443j:plain

f:id:carislife:20180604101445j:plain

トヨタ新型エスクァイアの内装は、ノア、ヴォクシーより上級を意識し仕上げられ、さらなる高級感をもったつくりとされます。

 

現行モデルでは、エアコンパネルにピアノブラック塗装、大型オープントレイとドアトリム上部に金属調加飾とステッチ、インテリアトリムに合成皮革などが採用され、他モデルと差別化されています。

 

f:id:carislife:20180604101449j:plain

f:id:carislife:20180604101452j:plain

新型エスクァイアではデザインラインをよりシャープなものとすることで先進性が表現されるほか、インフォテインメントシステムはインターネットやスマートフォンとの連携を強化することで最新機能に対応。

 

室内は、プラットフォームを変更することでより高さのある空間が確保されます。

 

▼参考:トヨタ・エスクァイアの室内サイズ(現行モデル)

  • 室内長×室内幅×室内高:2930×1540×1400mm
  • 乗員:7人乗り or 8人乗り

 

トヨタ新型エスクァイアのパワートレインとスペックは?

▼トヨタ直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031104120.jpg

▼トヨタ新型エスクァイアのパワートレインとスペック

  • 直列4気筒2Lガソリン「Dynamic Force Engine」
    出力:171ps/20.9kgm
  • 直列4気筒2L+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:146ps/18.4kgm
    モーター出力:109ps/20.6kgm
  • トランスミッション:発進ギヤ付きCVT「Direct Shift-CVT」
  • 駆動方式:FF or 4WD

トヨタ新型エスクァイアのパワートレインには、「TNGA」パワートレインとして開発された最新の2Lガソリンとハイブリッドが搭載されます。

 

▼「Dynamic Force Engine(2.0L)」の技術解説動画

2Lエンジンは、トヨタ・カムリに搭載された2.5Lの「Dynamic Force Engine」のダウンサイズ版となり、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。

 

世界トップレベルとなる熱効率41%を達成し、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップをしています。

 

▼2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)の技術解説動画

f:id:carislife:20180227133420j:plain

組み合わせられるハイブリッドシステムも新開発となり、現行モデルのプリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、高い燃費性能はキープしたまま、より走行性能を向上。

 

加速時にはエンジンの回転数を下げると同時に電池からの電力を高め、リニアで伸びのある加速感が実現されています。

 

▼トヨタ「Direct Shift-CVT」の技術解説動画

トランスミッションも新開発の「Direct Shift-CVT」を採用し、従来のベルトとプーリーによる駆動に、発進用のギヤを追加することでダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。

 

CVT本来のスムーズな走りはそのままに燃費性能を向上し、走行シーンに応じた気持ちの良い走りに仕上げられます。

 

このトランスミッションは車重が重いミニバンで特に大きな効果を発揮し、発進加速時の効率がアップすることで市街地での燃費が大幅に改善します。 

 

トヨタ新型エスクァイアの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

トヨタ新型エスクァイアの燃費は、エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッションと、すべてを新世代とするパワートレインにより大幅に改善することになります。

 

現行モデルはエスクァイアハイブリッドで最高23.8km/Lとなっていますが、ライバルの日産セレナe-POWERが26.2km/Lとしていることから、27.0km/L以上の燃費値が目標とされています。

 

▼参考:トヨタ・エスクァイアの燃費(現行モデル)

  • エスクァイア(2Lガソリン):FF 16.0km/L、4WD 15.0km/L
  • エスクァイアハイブリッド:FF 23.8km/L

 

トヨタ新型エスクァイアの安全装備は?

新型エスクァイアの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が装備されます。

 

現行モデルでは、前世代のコンパクトカー用パッケージであるトヨタセーフティセンスCが搭載されています。

 

▼トヨタセーフティセンス第2世代と前世代セーフティセンスの性能比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171225/20171225174631.jpg

第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されています。

 

また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。

 

さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」を採用。

 

予防安全装備を充実させ、安全運転支援が強化されます。

 

 

トヨタ新型エスクァイアの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型エスクァイアの価格は、ボディサイズやパワートレインラインナップが維持されることから、現行モデルから大幅な変更はないとみられています。

 

エスクァイアは現行モデルで、ノアとヴォクシーより20万円スタート価格が高く設定されており、専用の内外装装備により上級5ナンバーミニバンとしてセールスされています。

 

▼参考:トヨタ・エスクァイアの価格(現行モデル)

  • HYBRID Gi“Premium Package”:3,358,800円〜
  • HYBRID Gi:3,300,480円〜
  • HYBRID Xi:3,151,440円〜
  • Gi“Premium Package”:2,980,800円〜
  • Gi:2,892,240円〜
  • Xi:2,675,160円〜

 

トヨタ新型エスクァイアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型エスクァイアのフルモデルチェンジ発売日は、2020年が予定されています。

 

他メーカーではミニバンをグローバルで人気が高まっている多人数乗りSUVに切り替える動きがありますが、トヨタ・エスクァイアは兄弟車のノア、ヴォクシーとあわせ日本国内のトヨタ全ディーラーで販売される人気モデルになっていることから世代交代が行われます。

 

トヨタ・エスクァイアを「おさらい」

f:id:carislife:20180604104026j:plain

トヨタ・エスクァイア (Esquire) は、初代となる現行モデルが2014年に登場したミドルクラスミニバンです。

 

エスクァイアの車名の由来は、英語で「~~様」「~~殿」を意味する「ESQUIRE」からきており、もともとは中世ヨーロッパの従騎士を表した言葉になっています。

 

その語源や意味から、フロントエンブレムには従騎士の盾と矛、紳士の襟元のモチーフが採用されています。

 

5ナンバーミニバンの高い人気から、ノアとヴォクシーが販売されていないトヨタ店とトヨペット店向けとして企画され、3代目ノア、ヴォクシーと同時開発されました。

 

しかし、発表は兄弟車の2モデルから9ヶ月後と期間がとられ、トヨタの販売チャネルの中でも上級車を担当するトヨタ店とトヨペット店にあわせ、高級感を高めた内外装などがアピールされました。

 

ノアとヴォクシーとの違いは、専用デザインや20万円ほど高い価格設定、3ナンバーエアロ仕様とGRスポーツが設定されていないなど幅広く、5ナンバーボディと質感の高い内装からタクシーとして導入されることも増えています。

  

新型トヨタ・エスクァイアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!