New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

アクア改良!燃費UP、快適さにG's フィット危うし!?

f:id:carislife:20131126204740j:plain

【新型はこちら】

トヨタ アクアマイナーチェンジ2015新型!X-URBANは燃費に違い

 

東京モーターショー前に噂されていた通り、アクアの改良&スポーツバージョンG's発表!

 

先月の販売台数も負けて、テコ入れも本気! 

 

燃費のアクア復活!1.6km/Lプラス!

f:id:carislife:20131126205220j:plain

アクア改良ポイント

  • 燃費 37.0km/L(ホンダ フィットハイブリッド 36.4km/L)
  • 乗り心地UPのため、サスペンションチューニング
  • 遮音材追加
  • ドアロック連動、ドアミラー格納、復帰オート機能
  • フロントドアガラス撥水追加
  • ヒルスタートアシストコントロールに坂道感知機能追加
  • スピードメーター文字色変更
  • ボディーカラー1色追加
燃費UP技術 

 

トヨタのハイブリッドシステム「THSII」はもう限界と言われていたけど、燃費1.6km/L増は大きいね

 

燃費UPの手法を見ると、さほど驚くような変更もなく燃費UPしているようだから、運動性が犠牲になっていないかが心配だ

 

出力は変わっていなくても、燃費を上げるエコモードの走りに違いが出ているということもありそうだから、モード固定で運転するユーザーは注意が必要かも

 

 

でも、遮音材追加やドアロックオート機能追加は、日常の快適さに響いてくるところだから嬉しいね

 

コストがかけられない小型のハイブリッド車で、装備充実はかなり思い切りが必要だと思う

 

意地でもアクア、プリウスのワンツー体制をフィットから取り戻す

 

そんな執念にも似た、トヨタの気持ちが出ている

 

 

だけど、フィットハイブリッドと比較して、0.6km/Lの燃費差はどうだろう?

 

フィットはこれから4WDハイブリッドが展開されるし、有意差を縮めても、追い越しはできていない気がする

【10月販売台数はこちら】

 2013年10月新車乗用車販売ランキング フィットTOP

 

もちろん、この小ささやスポーティなルックスはアクアの持ち味だけど、実用性となると厳しいか・・・

 

1月発表の、12月販売台数に注目しよう

 

本命はもしかして新設定のアクア G's?

f:id:carislife:20131126204749j:plain

アクア G's スペック

走行性
  • コイルスプリング、ショックアブソーバー専用チューニング
  • 補強材追加、溶接スポット打点追加によるボディー剛性UP
エクステリア
  • 専用17インチアルミホイール、高性能タイヤ採用
  • 専用デザインフロント・リアバンパー採用
  • G'sエンブレムをフロントフェンダーバックドアなどに追加
  • フロントLEDイルミネーションビーム
  • ブラックヘッドランプ
インテリア
  • フロント専用スポーティシート(シート表皮アルカンターラ
  • シルバーステッチシフトノブ
  • アームレスト付センターコンソールボックス
  • ラメ入りピアノブラック塗装のステアリング、パワーウインドースイッチベース
  • アルミ製ペダル
価格
  •  2,220,000円

【関連記事はこちら】

動画:アクア燃費UPにG’s設定で反撃!?

トヨタスポーツでピタゴラ装置!86・G'sが駆ける!

 

G'sは相変わらず、スポット増しによるボディ補強やサスペンションチューニングと、車の基礎から変えてくるね

 

目立たないけど、コーナーを曲がったりすると体感できると思う

 

 

そしてなによりなのが、このイカツイ顔

 

G'sらしい!

 

気軽にチャレンジするような雰囲気ではないけど、だからこそのプレミアム感もあるから、この個性はいいよね

 

細かいところも、見れば見るほど違いがわかるようになっているし、満足度が高いアクアのスポーティモデルなんじゃないかな

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。