New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

トヨタの新エンジンでヴィッツの燃費を計算してみた

f:id:carislife:20140410200420j:plain

▲新開発 1.3L ガソリンエンジン

 

トヨタが新開発した低燃費エンジン群を発表!

 

ハイブリッド一人勝ちが終わるかも?

 

1Lエンジン搭載車は30%燃費UP!

f:id:carislife:20140410200422j:plain

▲新開発 1L ガソリンエンジン

 

トヨタ 低燃費エンジン群発表 概要

  • 世界トップレベルの高熱効率・低燃費エンジン群を開発し、1.3Lと1Lエンジンの概要を公開
  • 2015年までに全世界で合計14機種のエンジンを導入
  • 採用された技術は、ハイブリッド専用エンジンの開発により培ったもの

1.3L ガソリンエンジン 概要

  • 4気筒
  • アトキンソンサイクル搭載
  • 高圧縮比化(13.5)し、膨張比を上げ排熱を抑制
  • シリンダー内に強いタンブル流(縦回転の混合気の流れ)を生成し、燃焼効率をUP
  • クールドEGR(排出ガス再循環システム)、電動連続可変バルブタイミング機構(VVT-iE)、 4-2-1排気管により燃焼改善と損失低減
  • 最大熱効率 38%
  • このエンジン搭載車は、約15%燃費向上

1L ガソリンエンジン 概要

  • 3気筒
  • ダイハツと共同開発
  • タンブル流を生成する新形状の吸気ポート
  • クールドEGR
  • 高圧縮比化
  • 最大熱効率 37%
  • このエンジン搭載車は、約30%燃費向上

【関連記事はこちら】

 新型BOON・PASSO マイチェンで驚愕の燃費UP!

 ヴィッツ マイチェンも、謎スペックが多すぎる…

 新型ラクティスとトレジアの違い 比較は絶対必要!

 

ハイブリッド王国トヨタが、ガソリンエンジンにもついに本気を出したね!

 

1Lエンジンの燃費改善率30%は驚きの数値だと思う

 

f:id:carislife:20140410200425j:plain

▲1.3L ガソリンエンジン採用 4-2-1排気管

 

しかし、採用されている技術自体はそれほど珍しいものではなく、圧縮比はマツダのスカイアクティブエンジンの14には及ばない

 

けれど、トヨタが全世界で展開するエンジンなので、他メーカーに引けをとらない燃費の実現は間違いなさそう

 

f:id:carislife:20140410200427j:plain

タンブル流生成新形状吸気ポート イメージ

 

そこで近々マイナーチェンジが予定されていて、新型エンジンが搭載されると思われる、ヴィッツで現行型と燃費を比較すると…

ヴィッツ 1.3Lモデル

  • 現行型:21.8km/L
  • 新型エンジン 1.3L(燃費15%UP):25.07km/L

ヴィッツ 1Lモデル

  • 現行型:20.8km/L
  • 新型エンジン 1L(燃費30%UP):27.04km/L

と、かなりのインパクトがある数字に!

 

もちろんこれは単純計算なので、実際どうなるかはまだわからないけれど、新型エンジンを印象づけるためにも、この燃費にせまってくるんじゃないかな

 

そうなると、ハイブリッドモデルとの燃費差が縮まり、価格が安いガソリンモデルには、かなりのお得感がでそう

 

現在の販売台数ランキングで上位を独占しているハイブリッドに、ガソリンが久しぶりに勝つこともありえない話じゃないよね

【関連記事はこちら】

 2014年3月乗用車販売ランキング フィットに軍配

 

 

トヨタは長らく売りにしてきた、「トヨタ=ハイブリッド」というイメージを、この新開発エンジンで自ら崩そうとしているじゃないかな

 

「低燃費であり、低コスト」

 

トヨタの新エンジンは、自動車に求められる性能を次の段階に進めそう

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。