車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

メルセデス G63AMG6x6を走行/解説動画で完全把握!

f:id:carislife:20140428195054j:plain

メルセデス・ベンツが発表したオフロードモンスターマシン、「G 63 AMG 6×6」をチェック!

 

見れば見るほど、すごすぎて…(笑)

 

完全に軍用車両 ハブリダクションによるポータルアクスルの実力!

▼走行映像

 

f:id:carislife:20140428195202j:plain

メルセデス・ベンツ G 63 AMG 6×6 スペック・採用技術・価格

  • 全長×全幅×全高:5875 × 2185 × 2280mm
  • エンジン:V型8気筒 5.5L ツインターボ
  • 最高出力:544ps
  • 最大トルク:77.5kgm
  • ミッション:7速AT
  • 車重:3850kg
  • クロスカントリー向け「Gクラス」をベースに6輪駆動へ変更
  • トルク配分:F31/M42/R27
  • 駆動力、最低地上高を確保するために有利なポータルアクスルを採用
  • 最低地上高460mm、渡河深度1000mm(比較:ベースモデルG63AMG 最低地上高 215mm、渡河深度 600mm)
  • ディファレンシャルロックは5つ(ロックは3ステージ制御。アクスル間デフロックのステージ1、リヤ2軸間もロックするステージ2、フロントもロックするステージ3)
  • タイヤ空気圧調整システム搭載(通常の空気圧から、0.5バールまで20秒)
  • シートやダッシュボードなどに最高級designoレザーを採用
  • ボディカラー5色、インテリアカラー2色
  • 日本専用装備として、360°カメラシステムを装備
  • 価格:8千万円

【関連記事はこちら】

2016年ベースモデル:出力UP!メルセデスベンツ2016マイナーチェンジ新型 Gクラス

4輪バージョン:G63AMG6x6譲りの新型!メルセデスベンツ G500 4×4²

G63 AMG 6x6 日本試乗会動画 スペックはどこでも

6輪駆動 AMG G63 6x6がサーキット走行!?

ブラバスバージョン:Brabus B63S 700 6×6にロンドンの街は狭すぎた…

価格気にしない!6輪駆動メルセデス G63AMG6×6試乗

 

このサイズでドリフトができるほどの駆動力があって、登る気すらおきないほどの急坂もスイスイ

 

これほどの走りができる理由は、メルセデスがオーストラリア軍用車などに採用している技術の転用が大きいらしい

 

 

完全に6輪を同調させて走行できる5つのディファレンシャルロック

 

東日本大震災で活躍したウニモグにも採用されていた、強力な駆動力を獲得し、最低地上高を上げるポータルアクスルの効果は絶大

【ポータルアクスルについてはこちら】

ハブリダクション - Wikipedia

 

f:id:carislife:20140428203022j:plain

▲参考:メルセデス・ベンツ ウニモグ

 

G63AMG6x6の6輪という特異な見た目の中には、本気すぎる中身が詰まっている

 

 

しかし、それだけではないのがメルセデス

 

軍用技術を使っているからといって、快適性が失われているなんてことはない

 

▼解説映像

 

f:id:carislife:20140428195205j:plain

 

空気圧調整など、普通ではありえない装備が追加されているインテリアなのに、高級素材を使うなどして、8千万円という価格に見合ったラグジュアリーさ

 

このミスマッチが、硬派な機械屋であり、高級車ブランドでもある、メルセデス・ベンツらしいのかも

 

どう考えても日本でのドライブは楽じゃないと思うけれど、一応日本用の特別装備として360°カメラが採用されているのもまた、らしい…(笑)

 

 

価格、サイズ、そしてスペックと、どれも一般のユーザー向けではないね

 

6×6はメルセデス・ベンツでも長い人気を誇るクロスカントリービークル「Gクラス」のアピールも兼ねているので、「6×6が良かったから、ベースモデルを見てみようかな」、と考えるのがいいのかも

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。