車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ポルシェ 911ターボ 耐久テスト(笑)&シャシー解説動画

f:id:carislife:20140520214611j:plain

ポルシェ 911ターボの、気になってもする人はいない耐久テストとシャシーの解説映像

 

どっちの動画でもすごいことはわかるけど、ぜんぜん違う(笑)

 

911ターボSで、50周年記念の連続50回急発進!?

ポルシェ 911 ターボ スペック・価格

  • エンジン:水平対向6気筒 3.8L ツインターボ
  • 最高出力:520ps
  • 最大トルク:67.3kgm(オーバーブーストON時 72.4kgm)
  • ミッション:7速デュアルクラッチ
  • 駆動:4WD
  • 最高速度:315km/h
  • 価格:2128万円

ポルシェ 911 ターボ S スペック・価格

  • エンジン:水平対向6気筒 3.8L ツインターボ
  • 最高出力:560ps
  • 最大トルク:71.4kgm(オーバーブーストON時 76.5kgm
  • ミッション:7速デュアルクラッチ
  • 駆動:4WD
  • 最高速度:318km/h
  • 価格:2539万円

【関連記事はこちら】

試乗動画:好敵手!メルセデスAMG GT S vs ポルシェ911ターボ 試乗動画

911ターボの伸びるアクティブ・エアロダイナミクス

NAモデル:NA 4L 500馬力!ポルシェ 新型911GT3 RS はマグネシウムルーフ

真ん中!新型ポルシェ911カレラGTS/カブリオレ

 

エンジン回転数やクラッチミート、路面との摩擦などを計算し、最速のスタートダッシュを実現するローンチコントロールシステム

 

唸りをあげるエンジンのちからが路面に伝わった瞬間、爆発的加速を味わわせてくれるマシンに、システムつきのクルマを購入したユーザーの多くが1度は試すと思う

 

けれど、限界ギリギリの発進をすることでマシンにかかる負担は、さまざまな走行の中でも最大級なので、50回も耐えられるかなんて怖くて…

 

それなのに、動画の男性のテンションの上がり方は(笑)

 

 

はたして50回で911ターボはどうなってしまうのかと思ったけれど、全然平気なようで、相当高い強度が確保されているみたい

 

これなら少し、安心して試すことができるね(笑)

 

911ターボを支える4WS シャシーシステム解説で走りを理解

【関連記事はこちら】

 第2弾動画 エアロダイナミクス911ターボの伸びるアクティブ・エアロダイナミクス 

 

この動画のポイントは、現行型ターボに採用されたリアアクスルステアリング

 

これはトーコントロールアームのかわりにアクチュエータを使用し、後輪のトー角を+3度から-1.5度まで変化させる4輪操舵システム

 

速度50km/h以下では、後輪を前輪と逆位相、速度80km/h以上では同位相に後輪の舵をきる

 

これにポルシェはかなり自信をもっているらしく、RR+ターボの走りを引き出しやすくしたとのこと

 

それにトランクションコントロールによる、4輪の駆動力制御も行われていて評判も上々なので、このシャシーは今後も継続して採用されていくのかも

 

 

すごさを説明するのにも、やり方はいろいろあるな…と

 

急発進はどこまでできるのか気になってきたけれど、やっぱりもったいないので謎のままでいいかな(笑)